フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 梅雨時のライド | トップページ | 2019年7月 まとめ »

2019年7月21日 (日)

1122 X 10

2019年7月15日(祝)
海の日 スクアカンパゆるふわポタリング
20190715_map

奥様が自転車に乗り始めた頃に知り合って、以来、SNSでコメントを付け合ったり、お店へお邪魔したりと親しくさせていただいている学さん。
なかなか一緒に走る機会がなかったのですが、学さんも参加している「自転車乗り中高年夫婦のチーム」のライドにゲスト参加させていただきました。
チームの名前は「SQUADRA CAMPANELLO」略して「スクアカンパ」
ライドは琵琶湖大橋周辺。
のんびりライドだそうですが、どんな?どんな?

集合は琵琶湖大橋のたもとにある商業施設ピエリ守山に8時半。
ビワイチのレポートで良く聞く場所です。起点としてこちらの駐車場を使う人も多い様ですね。
守山市役所のサイトにもビワイチに便利な無料駐車場として紹介されています
★サイクリングを目的とした駐車場利用は駐車場のEエリア(下図参照)をご利用ください

で、8時半。8時半?8時半! 70kmほどのライドにしては早いな。
琵琶湖畔でも彦根と違って名古屋からだと新名阪を使っても結構遠いぞ。
初参加で遅れる訳にはいかないし、朝食(車中)の買い出しやトイレ休憩を考えると、5時半起きだな。

20190715_01
余裕をもって到着しましたが、学さん夫妻、幹事さん、他すでに数組が到着していました。
その後も続々と到着します。
皆さんのバイクはカーボンロードが主ですが、アルミ、クロモリ、クロスにフラベ。そんな中で僕ら夫婦のバイク。「ガチ過ぎ」

20190715_02
僕ら以外は顔馴染み。とはいえ久しぶりの方もいらっしゃる様で、旦那さん同士、奥様同士でおしゃべりも賑やか。
それにしても暑いな。予報よりも良い天気で、日差しが厳しい。
到着が遅くなっている方も居て、ようやく到着するも「久しぶり〜!」とかおしゃべり始めるし、急ぐでもなく、のんびり空気入れたりしているし、「ゆるふわ」はライドタイトルだけでなく、チーム自体の雰囲気らしい。

20190715_03
漸く全員が揃って準備完了。10組、20名の大人数。
自己紹介は「おはようございます。△△家です。」「お久しぶりです。□□家です。」と夫婦ライドならでは。
半数が女性で、覆面率高し。かつて経験のない雰囲気です。
幹事さんから今日のライドの概要と大勢でのライドでの注意点などお話があり、漸くスタートです。

20190715_04
先ずは琵琶湖大橋を渡って対岸の堅田へ。
20190715_05
湖岸の住宅地の路地をチョロチョロと走って出たところがコチラ
浮御堂(うきみどう
満月寺というお寺の仏堂です。あいにくと補修用の足場(?)が組んであり、絵的には残念。
本来はお寺の拝観料を払って正面から見るものらしいのですが、タダで脇の方から覗き見です。

20190715_06
今日の琵琶湖西岸(?)はこれでおしまい。
時間がある時、自転車でない時には「びわ湖テラス」にも行ってみたいですね。
自転車で登れるのはロープウェイ乗り場までらしいですが

20190715_07
守山へ戻ってきました。
ここからは「さざなみ街道」サイクリングロードとして整備された歩道を走ります。
今日はほとんど風もなく、蒸し暑い。
走っていないと風が当たらない。
10組20名。奥様同士でおしゃべりしているところ、奥様を放ってスピードを上げて先行する旦那。夫婦仲良く一緒に走る組。それぞれです。
僕らは学さん夫婦以外はお初だし、様子を見つつ二人で前後して中段を走ります。
湖畔道に入ってしばらくすると、奥様が退屈しだす。グイグイとペダルを踏む踏む。
オッ、今日は調子が良いのかな?「今日は平地ばかりののんびりライドだから、飛ばせる時に脚を使っておかないと!」との事(^^;
まぁ、元気で何より。

真っ平らな湖畔道路の守山市、野洲市(「のす」だと思ったら「やす」だった)から近江八幡市へ入ると湖の際まで山があります。
道路を覆う木々が日差しを遮ってくれてありがたい。
やがて長命寺入口に到着。
長命寺山の山腹にあるお寺へは急で800段もある石段と九十九折の車道。
案内の看板には1.3kmとあります。僕を含め男性4名、女性2名がお寺を目指します。
20190715_08

結構キツイなぁ。装備で勝る僕が恥ずかしい真似はできません。頑張って一番でお寺にたどり着きました。

20190715_09
琵琶湖の湖畔で標高100m。お寺の高さで250m。標高差150mくらいのヒルクライムでした。
マップに下に高度が表示さてれいますが、このヒルクライムがなかったら、本当にど平坦なライドになってしまいますね。
さぁ、ヒルクライムをしなかった人達が先行して喫茶店に行っているとの事。
追いかけます。

20190715_10
Chalet水ケ浜(シャーレみずがはま)
写真を撮り忘れましたが、席は湖に面したオープンデッキ。
ここで湖を眺めながら過ごすのも良いですね。
僕らは団体だったので少し下がったところにあるテーブル席ですが、ここからでも湖からの風を感じて寛げます。

20190715_11
ドリンクだけのつもりでしたが、今日のランチは遅い時間の予約になっているとの事なので、ここで軽くお腹に入れておくことに。
ドリンクにホットサンドをセットにして二人でシェア。

20190715_12
僕はケーキセットにして更に補給。
さっきヒルクライムをしたからね(^^;

20190715_13
20名での入店でも何とか全員が補給、休憩を取ることができました。
この先も木に覆われた湖畔の道をしばらく走りましたが

20190715_14
少し湖畔から離れて田園地帯を走ります。
ここは追い風で楽チン楽チン。

20190715_15
安土城址です。


今回のライドで見かけた「飛び出し坊や」ご当地バージョン コレクション
20190715_16

20190715_17
20190715_25
飛び出し坊や:
ドライバーに向けて、子供の飛び出しに注意を促す看板。
個人的には三重・滋賀で異常発生していると感じている。
住宅地などに入ると正に「軒並み」路地という路地に立っている。 
三重・滋賀県民は飛び出したいという県民性があるのだろうか?

さて、だいぶお腹もすいてきましたよ。
前から一度行ってみたいと思っている「ラ コリーナ」の裏を通り、近江八幡の市街地へ入っていきます。
古い町並みの中を走ってゆくと、「ここです!」と。
20190715_22
近江牛創作ダイニング久ぼ多屋
混んでいる時間帯を外して20名の予約を取っていただいてあるのですが、13時半だというのにお店の外には待っているお客さんが!
かなりの人気店のようです。

20190715_20
お座敷ですが椅子席はありがたい。
事前にメニューの中から2択でオーダーを済ませてあり、程なく料理が運ばれてきました。
tAkEdA家では2択なら1つづつというオーダーにして
20190715_18
近江牛焼肉丼 1580円

20190715_19
近江牛ハンバーグ御前1680円
いやぁ〜、どちらも美味しかった。
特にふわっと固まったハンバーグは良かったね。
運動の後なので、できればどちらももう少しボリュームがあると嬉しいのですが、そこは近江牛という事で。
食事が始まったところで店主から大勢での予約来店に対してお礼のご挨拶。

20190715_21
サービスとしてコーヒーやジュースのドリンクを。

 

20190715_23
更には店を出たところで一人1本のペットボトル飲料をつけていただきました。
ご主人、ありがとうございました。
そして、大勢のライドに万全の手配をしていただいた幹事さんに感謝です。

20190715_24
とはいえ、何せペースがゆっくり、バラバラの20名20台。
先導は大変です。

20190715_26
近江八幡から琵琶湖半へ戻る堤防道路にこんなペイントが。
良いですね〜。
さぁ、守山に戻ってきました。
あと数kmでゴールですが湖畔道路から外れて・・・

20190715_27
「琵琶湖サイクリストの聖地」碑
そうか、ここにあったのね。
琵琶湖畔にいくつもの自治体がありながら、「言ったもん勝ち」「早いもん勝ち」で碑を建てた守山市。やるな。

20190715_28
少し日が傾いて薄暗くなり始めた湖畔を走る集団。
走り始めはそれぞれに男性同士、女性同士、速い人、遅い人、混走していた大集団でしたが、ゴールが近づくと空いているサイクリングコースを自然と夫婦ごとに並走。2列縦隊でゆっくりと。
何でしょ?イイ感じじゃないの。
こういうサイクリングもあってイイよね。

この後、無事にスタート地点のピエリ守山に戻ってきました。
これだけ大勢で事故がないのはもちろんですが、パンクやメカトラなども全く無く。
幹事さんはご苦労様でした。
楽しかった。美味しかった。
ありがとうございました。

学さん
誘ってくれてありがとう!


 

« 梅雨時のライド | トップページ | 2019年7月 まとめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨時のライド | トップページ | 2019年7月 まとめ »