フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 二度あることは、三度ある。 | トップページ | 2019年6月 まとめ »

2019年6月27日 (木)

得点7 失点1

2019年6月25日(火)
伊賀-名張-天理
20190625_map
今月の有休消化ライドは、久しぶりの「ダムカード回収ツアー」

自宅からの自走エリアにあるダムは行き尽くしたため、クルマで遠出になります。
どうせ行くならダムカードを配布しているダムが密集したエリアを効率良く回りたい。
カード配布が平日限定というダムもあり、平日に休暇を取って行く必要もあります。
そんな思いで兼ねてから温めていたプランを実行に移しました。

 

6時過ぎに自宅を出発し、平日朝の通勤ラッシュが始まる前、8時過ぎにスタート地点「三重県伊賀庁舎」に到着しました。

20190625_01
こちらの立派な建物の6Fにある伊賀建設事務所で1枚目のカードを頂きました。
ここをスタート地点に選んだ理由は、今回のダムカード配布場所で一番名古屋寄りに位置するということもありますが、お役所なので8:30に開く為です。
一般的にダムサイトにある管理事務所は9:00からになっています。
限られた時間内で多くの場所を巡る為には30分早い事は非常に大きいのです。

さぁ、ここからリアルスタートです。
先ずはカードだけ先に貰った滝川ダムの現場を目指します。
それほど高い場所ではありませんが、まだ脚が良く回らない。
11km地点。

20190625_02
滝川(たきがわ)ダム
三重県伊賀市高山
淀川水系滝川
重力式コンクリートダム

20190625_03
伊賀コリドールロードと呼ばれる道を走ります。
ツーリングコースとして地元では有名な様ですが、場所によっては10%の登り区間もあり。
対向車線を「川上ダム」のゼッケンをつけたダンプカーが次々とやってきます。
そう、次のターゲットの川上ダムは建設中なんです。

国道に入り、コンビニがありました。
自宅で朝食をとってから既に3時間が経過し、小腹が空いてきました。
早くも上昇してきた気温で喉も乾き始めています。
この先、事前にストリートビューでざっと見た感じでは食事のできる様な店はほとんど見当たりませんでした。
補給できるときに補給をしておきましょう。

2枚目
20190625_04
川上ダムのダムカードを配布しているのは、ダムサイトから数km手前にある建設事務所。
ダムカードをいただいてから、現地へ向かいましょう。

20190625_05
小さな川の流れる谷筋へ入って行くと・・・

20190625_06
22km地点。
基礎工事が行われている現場に到着しました。
その姿を現わすのはまだ先です。

20190625_07
2023年(予定)にはこの完成図の様に山の高さいっぱいまでコンクリートの壁で覆われるのですね。

川上(かわかみ)ダム(建設中)
三重県伊賀市
淀川水系木津川支川前深瀬川
重力式コンクリートダム

さぁ、気温が上がりきる前の序盤が勝負です。
比較的短い間隔でダムが続きます。
ドンドン行きましょう!

3枚目は33km地点
20190625_08
比奈知(ひなち)ダム
三重県名張市
淀川水系名張川
重力式コンクリートダム

20190625_09
この比奈知ダムの堤頂(ダムの上部)は355mもあり、視界いっぱいに広がる長い壁という印象です。
下から見上げると「ウォール・マリアか!?」という感じ。


4枚目は42km地点

20190625_10
青蓮寺(しょうれんじ)ダム
三重県名張市
淀川水系名張川支川青蓮寺川
アーチ式コンクリートダム

ここまで重力式コンクリートダムが続きましたが、こちらはアーチ式コンクリートダムです。
重力式ずっしりとしたコンクリートの塊で水の通り道を塞ぐのに対して、アーチ式は壁が薄くても水の圧力を往なす踏ん張りの力強さを感じます。

5枚目は58km地点
20190625_11
室生(むろお)ダム
奈良県宇陀市(うだし)
淀川水系名張川支川宇陀川
重力式コンクリートダム

お〜!奈良県に入りました。
奈良県に来たのは高校の修学旅行以来です。

コンビニで昼食をとります。
昼食といってもカツサンドとコーヒー牛乳ですけどね。
ここまではほぼ想定どおり順調に来ていますが、やはり暑い。
水分補給が重要です。
家を出るときに凍らせてきたボトルの水も氷が溶けてしまったので、氷を詰めて後半戦へ。

これまでは伊賀、名張、宇陀と淀川水系の川に沿って降りてきたルートですが、ココで下げ止まり。
淀川水系を離れてヒルクライムの始まりです。

ココというのが・・・

20190625_12
アジサイで有名な長谷寺です。
もしかして今がアジサイの見頃?
折角来たのですが、参拝する時間的余裕がありません。
残念〜!
参道を抜けて長谷寺の脇を抜けて、プチヒルクライム。

20190625_13
すると、目の前に立ちふさがるダム。
初瀬(はせ)ダムです。
長谷寺の「はせ」、初瀬ダムの「はせ」。
偶然の一致とは思えません。
きっと何か歴史的な経緯があって異なる字で同じ読みなのだろうな?
などと思いながら、ダムサイト脇にある管理事務所へ本日6枚目のダムカードを貰いに。。。

20190625_14

えっ!?

やっちまった。
事前の調査ミスです。
ダムサイトに建つ管理事務所に職員が常駐しているとは限りません。
今日の1枚目の滝川ダムの様にダムカード配布場所がダムサイトと離れていることは良くあること。
それなので、今回もダムカード関連サイトできちんと調べたつもりだったのですが。。。
20190625_19
とにかく、この「橿原総合庁舎」がどこにあるのか?探します。

「橿原」?
読めません。
教育漢字ではなく、左側のツクリも読めません、書けません。
無学で奈良に馴染みのない僕には何と読むのか想像もつきません。
「Hey Shiri ◎◎総合庁舎 へ案内して」と尋ねることができません。
ネットで検索しようにも、入力できなければGoogle検索もできません。
「初瀬ダム」で検索した結果の中に「橿原」の文字を見つけてコピペし、改めて検索。
暑くて眩しくてスマホの画面が見にくい中での操作にイラつく。
結果、「橿原」は「かしはら」と読むことと、総合庁舎までは10km以上離れていることが判明。
Top画像のマップ ルートを外れた左下にマークしたところです。
アップダウンもあるので往復1時間以上掛かりそうです。
この先の予定を考えると1時間以上掛けてルートを外れる余裕はありません。
残念ですが、初瀬ダムのカードは諦めるしかありませんでした。

ここから引き続きヒルクライム、そしてダウンヒル。
7枚目6枚目は83km地点
体力を削られた先に現れたのが

20190625_15
天理(てんり)ダム
奈良県天理市
大和川水系布留川
重力式コンクリートダム

職員の方によると、北の方にある岩井川ダムの管理事務所が無人のため、ここ天理ダムで岩井川のダムカードも配布しているとのこと。
「今後、訪問するならお渡しますよ」と。
ありがたい申し出ですが、「現地を訪問する際に改めて頂きにまた来ます。」と答えて天理ダムを後にしました。

天理ダムから名阪国道方面へ移動。
名阪国道の側道を伊賀方面へひた走ります。
名阪国道自体はなだらかに伊賀方面に向かって下っていますが、側道はアンダーパスで本線の右に左にと回り込み、細かなアップダウンが続きます。
これが暑い中を走り続けた消耗したカラダにこたえます。
道路沿いにある自販機で水分は補給できるのですが、コンビニやもちろん、商店が一切見当たりません。
持っていたエナジーバー、干し梅、塩飴を食べてしまったが残りは20km
ヤバイ!ハンガーノックになりそう。
エコモードで伊賀市街地を目指しますが、ゴール前にもう1箇所寄るところがあります。
7枚目のカードを貰うために17時までに伊賀上野出張所に行かねば!
市街地が近づく、残り8km5kmとカウントダウン。
不思議なもので残りが見えてくるとチカラが湧いてくる。
と、ここで漸くコンビニを発見!残り時間を確認し、ピットイン。ふぅ~、助かった。

少しリフレッシュしてから本日8枚目7枚目のカードをゲット。
20190625_16
上野(うえの)用水地
三重県伊賀市
淀川水系木津川・服部川
自然越流方式固定越流堤



20190625_17
スタート地点まで数km。
途中、伊賀鉄道の青忍者列車に遭遇。
無事にゴール。
バテた~~~

初瀬ダムでのミスがあり、当初狙っていた8枚は達成できませんでしたが、1日で7枚獲得は新記録です。
ひとり達成感に浸って名古屋への帰路につきました。
今回のターゲットダムではダムカレーを食べられるお店もなく、8時半から17時までギリギリのスケジュール。
美味しいものを食べる事はなく、折角の長谷寺を覗くことも、通りすがりに見えた赤目四十八滝、弥生式住居、忍者列車を見る余裕が全くありませんでした。
いずれは、初瀬ダムカードを貰いそびれたことのリベンジ、天理ダム繋がりの岩井川ダム、他の奈良県、三重県のダムを狙ってまた新たなルートを引いてチャレンジしたいと思います。


20190625_18

う~、亀山JCTで車両火災による渋滞発生。
勘弁してよ(T-T)

20190625_cards

えへへ〜〜(^-^)v

« 二度あることは、三度ある。 | トップページ | 2019年6月 まとめ »

コメント

こんにちは。
ス、ストイックですな・・・
いつまでも若いです。

>ノックン
僕は奥様と違って、美味しいものがなくても走れるのですが、何も食べずに走ることは難しい。
不案内なエリアを走るには十分な携帯食を持つ必要を痛感しました。
それに、チョットは観光やグルメを楽しむ余裕も欲しいよね。
次はどのエリアを攻めようかなぁ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二度あることは、三度ある。 | トップページ | 2019年6月 まとめ »