フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« まだまだ残暑 | トップページ | 2018年09月 まとめ »

2018年9月18日 (火)

世代交代

2010/12/18に納車されたPINARELLO PARIS 50-1.5

20101218_paris

あの日から早7年9ヶ月が経ち、その間に62,700kmを走りました。
ホイールとコンポはオーバーホールが効かないほどに消耗して交換。
フレーム、ハンドル、サドルは納車された当時のまま使い続けていましたが、それらもいよいよ交換するときを迎えました。

Paris

後継機に引き継がれるパーツが外され、ショップに吊るされたPARIS。
長い間、ありがとう。

Preince
PARISからホイール、コンポ、ペダルを引き継ぎ、あとはバーテープを巻いてもらうだけのニューバイク。

20180913_prince

後継は、PINARELLO PRINCE FX
カラーはボブメタル
本来、このカラーは完成車のみの設定ですが、ショップに相談してフレーム売りをして頂きました。

ハンドルをカーボンに変えたことでフロントが軽くなり、これがフレームを変えた以上に印象を大きく変えた感じです。
純粋なフレームの違いが分かる程には試せていませんが、平地での加速、高速巡行が楽。
踏み込んだ脚への反応がダイレクト。
ペダリングが楽に感じられましたが、それが第一印象としてトルクが抜ける様な違和感にも思えて少し不安になりました。
ギアを1枚上げてペダリングを意識したら違和感が薄れ、加速感の気持ち良さに変わって来ました。
そのまま雨沢を上ってみましたが、気温・湿度の高さとライダーの体重増、走り込み不足でタイムは散々な結果となりました。
ヒルクライムにおけるニューバイクの評価については、状況が改善された時に改めて。

« まだまだ残暑 | トップページ | 2018年09月 まとめ »

コメント

こんばんは。
らしい一台を手に入れられたようですね!
ドグマF10はプロ仕様だから、
PRINCE FXはいい選択のように思われます。
カラーも飽きがこなさそうで落ち着いてますね。
何かのお披露目ライドで
実物が見られると嬉しいで~す。
ではまた。(*^-^)

>風磨堂さん
流石にDOGMA F10はねぇ・・・
どうせまた長く乗ることになるのであれば、型落ちのDOGMA F8という選択も考えてた時期もありましたが踏み切れず。
カラーについても悩みました。
本当は奥様と同じ様な赤黒ツートンが希望だったのですが、PRINCE FXには設定がなく(赤黒は、ノーマルPRINCEとディスクブレーキモデルのみ)、FXも色によってはフレーム売りがない。
今回、ショップで柔軟に対応頂き黒を購入できました。

久しく一緒に走っていませんが、涼しくなって来たこれから、また何処かでご一緒できたら嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだまだ残暑 | トップページ | 2018年09月 まとめ »