フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 2017年07月 まとめ | トップページ | 蒸し暑さとの戦い »

2017年8月 8日 (火)

茶臼山女子ぶ〜ぶ〜

20170805_map

愛知県の最高峰である茶臼山へ奥様と登って来ました。

独身時代は自宅から茶臼山まで往復約200kmをよく走りに行ったものですが、走行記録を遡ると2014年6月以来久しぶり。
奥様は初めてのチャレンジでした。

結果、奥様にはかなりハードなライドとなってしまいました。
文句ぶ〜ぶ〜!
今回は既に奥様がブログをアップしておりますが、初めてのルートということに加え、体感的な印象に距離感がかなりブレています。
お疲れ様でした。

今回、茶臼山をルートに選んだのには僕なりの考えがありました。
夏の暑い時期に涼しいところ(≒標高の高いところ)を走りたい奥様。
→しかし、涼しいくらいに高いところへ登ることの経験が少ない。

経験値が少ないにも関わらず、知り合いのブログやSNS等で乗鞍やビーナスラインなどの美味しいところの写真だけ見て「行きたい!行きたい!」とのリクエスト。
→「高原」は高いところにある平地ではないということがわかっているのかなぁ?

「達成感が欲しい!」というけれど・・・
→大多賀峠でもそれなりの達成感が得られるんだけどな。
友達と一緒に上ると、迷惑をかけないようにと頑張って頭痛を誘発しちゃう。ペース配分を間違えちゃう。段階を経て、経験を積み重ねて行くことも大事だよ。

ブログやSNSの写真で良く目にする、話には聞いている風景やルートを体感しておく。
→自転車仲間との会話やブログに出てくるルートや写真の風景を実感しておくのって、その会話や記事をより深く理解できたり、共感できたりできるよね。

8月半ばに「ビーナスライン(個人ツアー)」、9月末には「志賀高原ロングライド」を計画しているが、本当に走れるのだろうか?
→ビーナスラインのルートを考えているのですが、諏訪湖畔から霧ヶ峰へ自転車で登るか?大事をとってクルマで上がるか?の判断材料にしよう。

20170805_01

茶臼山へ向かうルートはいくつかありますが、先ずはトランポになるのでデポ地を決めなくてはなりません。
小渡発着にすると、高低差に加えて距離が長すぎる。
「道の駅どんぐりの里いなぶ」が良さそうです。
アプローチは根羽村ルート?茶臼山高原道路ルート?稲武野外教育センター経由か?
高原道路は、多少の日陰があるものの、クルマやオートバイが多く、スキー場へのアクセスルートになっているためか?路面がザラザラゴツゴツとしています。そして面の木から先で下ってまた上るというプロファイル。
茶臼山初挑戦には向かないかな。

20170805_02

根羽村ルートなら・・・

20170805_03

「月瀬の大杉」という名所で休憩できます

20170805_04

3年ほど前にR153沿いに「月瀬の大杉公園」が整備されました。

20170805_05

ね?立派な杉でしょ?
花粉症の奥様ですが、この季節なら大丈夫。

20170805_06

でも、上りに入ると日陰が少ないんだよね。
ここで僕の失敗。
汗かきの奥様、最近ボトルをポーラーからキャメルバックに変えて保冷性能と容量アップしたものの、道の駅を出てから根羽村に着くまでにだいぶ飲んでしまっていました。

根羽村役場付近の自販機を逃すと、山頂近くの茶臼山高原キャンプ場まで給水ができないことを分かっていたのに、給水をせずに上り始めてしまいました。
案の定、山頂まで6kmを残して奥様のボトルが空になる。ほとんど減っていない僕のボトルを差し出しますが、これも高原キャンプ場手前で空に。

20170805_07
売木・茶臼山の分岐に到着しますが、この先の急坂は最初から自転車を降りて歩いてもらいました。数百メートルですが、上り疲れて喉が渇いた状況で自転車を押して上るのは辛かったよね。
茶臼山のゴールへはこの坂を登らず売木方面へ進んで回り込む方が楽なのですが、そのルートでは「矢作川源流」を通らないんですよ。
ここで僕が先行して高原キャンプ場の自販機で水を買って戻ってくる。
グビグビと水を飲む奥様。少し元気になって再び自転車にまたがります。
そして・・・

20170805_08

「矢作川源流」を写真でしか知らない奥様。
今回は是非ともここも見てもらいたかった。

20170805_09

最近の好天続きで枯れているのではないかと心配でしたが、チョロチョロと出て降りました。
恒例となりました、奥様の水浴び。
あとは愛知県側の茶臼山頂上への下りをバビューン!!

35c7d90a

茶臼山初登頂!

20170805_10

僕はダムカレー。奥様は醤油ラーメン。

20170805_11

デザートもつけて

20170805_12

物足りないので茹でトウモロコシを食べて。
チョット辛かったけど、話に聞く茶臼山の初登頂で少し機嫌を直してくれたみたい。

さぁ、帰ります。
帰路は敢えて高原道路を選びました。
帰路の下りなのに登り返しがある。路面が良くないのは分かっている。
これも敢えて実際に走ってもらおうと。
でも、流石にこの路面の酷さと登り返しに奥様はキレました。
登り返しで脚が攣りかけ、硬いサーベロのフレームでは路面の悪さがダイレクトに腕やお尻に伝わってきます。
雲行きが怪しくなってきて、急いで麓まで帰りたいので、何とかなだめて走り出す。
このまま高原道路を下るのをやめて、野外教育センタールートへ。
こちらの道は舗装も良く、清流沿いの道は下っていても楽しい。デポ地にも近道です。
雨に降られることなく、無事に道の駅に戻ってきました。
お疲れちゃん!

無事に走り終えて、少し機嫌を直してくれた奥様。
「道の駅の隣にシフォンケーキのお店があったの。寄りたい!!」

20170805_15

はいはい。仰せの通りに。もちろん、僕も嫌いじゃない。
小さなコテージのようなお店「アトリ
イートインのテーブルはふたつだけ。

20170805_13
キメ細かなスポンジの様なシフォンケーキはとっても軽くて口どけが良い。

20170805_14

物足りないのでラムレーズンのプリンを追加

上りの苦労も下りのストレスもご褒美で何とか機嫌を直してもらいました。
良くも悪くも茶臼山がどんなところか知ってもらえたのではないかと思います。
この経験値が次の高原ライドに生きてくるのだと思います。
良く頑張りました。

« 2017年07月 まとめ | トップページ | 蒸し暑さとの戦い »

コメント

な、なんと! あの屈辱の写真をアップするとはwobbly

こんにちは、kibatuya です。
奥様をおもう優しい旦那様の記事ですね。
題名から(笑)でしたよ。
楽しく読ませていただきました(^^)
み〜さん、良い体験ができましたね。

>奥様
うはは
恥ずかしい写真を晒してやったわ

>kibatsuyaさん
奥様は大量に汗をかき、大量に水分を補給するんです。
でも、ツールケースがあると2ボトルにできず。
いつもはこまめにボトルに補給するようにしているのですが、今回は失敗しました。
暑くなければ、体調を崩さなければ、頭痛が出なければ、マイペースなら淡々と登れるんですけどね。
全ての条件が揃うのは難しいです。
でも、今回は頑張ってメタルスライムを倒したくらいに経験値を積んだと思います。

こんばんは。
読んでて涙が出ました。
奥様の水浴びシーン。
呑みすぎて吐いてるのかと(爆)

>ノックン
うちの奥様の水浴びシーンは、水戸黄門における由美かおる入浴シーンの様なモノ。
サービスショットということにしておきます。
多少お待たせしてしまうかもしれませんが、少しづつチカラをつけてきた奥様です。
涼しくなったら、三ヶ根山、ミカスカなどご一緒しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年07月 まとめ | トップページ | 蒸し暑さとの戦い »