フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 2017年05月 まとめ | トップページ | 第14回Mt.富士ヒルクライム »

2017年6月 4日 (日)

東濃牧場

6月3日(土) 瀬戸しなの-東濃牧場

20170603_10

奥様のリクエストにより、東濃牧場へ行ってきました。
korashoさんのバイクツーリングレポートに刺激を受けたのかと思われます。
「ソフトクリーム食べたい!」と。

20170603_map

さすがに自宅からの自走は距離がありすぎますので、道の駅瀬戸しなの発着です。
最近、良く走っている瀬戸しなの発着ルート「山岡おばあちゃん市」「野内のカツ丼」の先へ足を延ばすルートです。

ということで、瀬戸しなのを出て先ずは雨沢です。
今日は先が長いので僕のTTはなく、奥様に伴走。
今日も淡々と登っています。
先があるので無理はしないと思いますが、おっ!愛知県側のピークを過ぎてからの下りでギアを上げる奥様。今までにない動きです。
手元の時計で27分。微妙。でも後ろから「頑張れ!」「30分切れるぞ!」とは言いません。

20170603_13

体調さえ良ければこれくらいの数字は出せるのです。
でも、ここ数日に比べれば低めの気温でも汗だく。

汗冷えして来たので、落ち着いたら先へ向かいましょう。
大川のファミマで休憩を入れたら、おばあちゃん市の豆餅を我慢して、野内のカツ丼もスルー。明知鉄道岩村駅付近を過ぎたところで裏のルートへ。

20170603_01

時々現れる10%超の上りをエッチラオッチラ。
今は新DuraのRDに30Tのカセットをつけている奥様ですが、来週に迫ったMt.富士ヒルクライムにこのまま臨むか?RDを手持ちのUltigraにダウングレードすれば32Tを使うこともできます。
たった1日、25kmのヒルクライムの為だけに費用を掛けて組み替えるか?
規格上30Tまでとされている新Duraの懐の深さに掛けてカセットだけ32Tにするか?
悩ましいところです。

20170603_02

東濃牧場への案内が出てきます。
こちらのルートは裏道になるので観光客向けの案内はほとんどありません。

20170603_03

何度も上ってだいぶ高いところまで上がってきましたね。
阿木川湖周辺のゴルフ場を見渡せます。ここまできたらあと少し。

20170603_04

牧場手前の激坂を上れば

20170603_05

牛さん達がわらわらと寄ってきてお出迎え。

20170603_06

東濃まきば館 到着!!

20170603_07

今日のミッションコンプリート

前回来たのは秋でした。

20170603_08

今回は牧草地が緑で覆われている。牧場らしい景色が広がります。
でも、遠くに見える山々の谷あいにはまだ雪が残っているのが見えます。

20170603_09_2

満足満足。
さて、途中、思ったよりペースが上がらず、休憩も入れて来たので早々に東濃牧場を後にしますが、ここからは奥様には内緒の寄り道。
東濃牧場はこれで4回目ですが、僕が行きたかった場所がこの先にあるんです。

東濃牧場からR257に降りて来たところで右(愛知県方面)とは逆方向に2kmほど。

20170603_11

阿木川ダム

20170603_12

そう。ダムカードが欲しかったのです。
ロックフィル式ダムのカードははじめて。

さて、瀬戸しなのへ向けて帰りましょう。

日が長いこの時期とはいえ、だいぶ時間が押してます。
R257、R363、K33、K405、R363狛犬、R419・・・戸越峠手前のミニストップまで頑張った。頑張ったけど、ここで奥様限界。
奥様にはハロハロを食べて回復してもらっている間、戸越峠をひとりモリ漕ぎ、その勢いで高速ダウンヒル。瀬戸しなのでのトランジットも慌ただしく、自転車で飛ばして来た道をLEVORGでアップダウン!
ミニストップー瀬戸しなの デュアルスロン。記録は1時間丁度でした(^^;

脚は残しているのに、途中体調不良での回収車。悔しかったね。

« 2017年05月 まとめ | トップページ | 第14回Mt.富士ヒルクライム »

コメント

瀬戸から東濃牧場を目指して走った時、オートバイでもこんなに長いのに、
よくもまあ、自分を含めローディってやつは体力あるなあぁなんて思ってました。

あと10秒でしたか...
そこで一声かけないご主人に一票♪

富士ヒルではスタートだけですが、応援させて頂きます。

ええですな~♪
先日ちょと別の場所へお誘いしようかと
思ったのですが、、、
富士ヒルも近いし遠慮しときました。
春のブルべシーズンもわたしは終焉したので、
また企画あればお誘いしてみます。
まずは、来週の富士ヒル頑張ってください!
ではまた。

>korashoさん
30分を切れない妻、20分を切れない夫。
双方ともそれなりに努力しているのですが、なかなか報われません。
土曜日は少し涼しかったとはいえ、これからは蒸し暑くなるばかり。
タイムアップはますます難しくなりますね。
今シーズン中の達成目標として長い目で見たいと思います。

富士
ココロとカラダの準備は。。。
ま、なるようにしかなりません。

>風磨堂さん
日曜日
大多賀峠は富士ヒル練の人たちで大賑わいだったようですが、この日は自転車には乗らず、自転車の掃除と整備をして過ごしました。
チェーンとかセットを洗浄して、決戦ホイールに組み替えて、ショップでディレーラーの調整をしてもらって(ココは自分ではやりません)
さて、どんな結果になりますか。
富士が終わったら普通のサイクリング。久しぶりに一緒に走りましょう!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年05月 まとめ | トップページ | 第14回Mt.富士ヒルクライム »