フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 東濃牧場 | トップページ | アップグレード »

2017年6月13日 (火)

第14回Mt.富士ヒルクライム

6月11日(日) 第14回Mt.富士ヒルクライム

スズカのアタック120に続き、今シーズンふたつ目のレースイベント「富士ヒル」に参加してきました。

タイムは1時間28分12秒。

目標としていた「ブロンズリング奪還」をなんとか達成できました。

20170611_map

ちなみに、奥様は2回目の挑戦で2時間22分。笑顔のゴール!

初挑戦で超ナーバスだった前回とは大違いv(^o^)v

奥様ブログへのリンク

20170610_01

Mt.富士ヒルクライムでは、普段履きホイールから外した12-25Tのカセットを決戦ホイールに装着。

二兎を追う者は一兎をも得ず?

5月28日の「スズカアタック120」と6月11日の「Mt.富士ヒルクライム」にエントリーしていました。

どちらのレースも苦しいけど、達成感があり、継続して参加する事で過去の自分や同年代の他人と競う事が楽しいからほぼ毎年続けています。

とはいえ、僕は筋肉隆々のスプリンターではなく、細く長い手足のクライマーでもなく、睡眠不足や荒天をものともしないタフなブルペストであるはずもない。

特段秀でたところがないことから、「オールラウンダー」を自称する僕が、2週間間隔で開催される異なるジャンルのレースでそれぞれに良い成績をあげようというということに無理がある?

パワーと持久力をつけるでもなく、軽量化をするでもなく、漫然と走って備えたつもり。

アタック120は完走は出来ましたがタイムは散々。

富士ヒルの90分切りも余裕はありませんでした。

 

レース前日

「前日受付」の為、前乗り。

この日は移動日と割り切り、試走や湖畔・樹海のサイクリングもなし。

「あの」東名高速の事故の影響もほとんど受けず、15時頃富士北麓公園へ到着しました。

受付を済ませたらショップやメーカーのブース、屋台をウロウロ。カトーサイクルのブースでちあきさんに声を掛ける。スゴイ忙しそう。「頑張ってね!」

 

20170610_02

20170610_07

奥様は「キクミミさん」、「森本誠選手」とツーショット写真を撮ってもらう。

多くの知り合い達ともお会いする事が出来ました。「明日は頑張りましょうね!」

 

今年は富士北麓公園の陸上競技場が改修工事の為に使えず、会場レイアウトが大きく変わっている。

前日受付の日は人で溢れかえっているものの受付会場へ自転車を持ち込んでいる人は少ない。しかしレース当日は自転車を引きずった一万人が右往左往する。

大丈夫か?心配になる。

そして、相変わらずゴミ箱直行のFUNRiDEオリジナル参加賞「ネックウォーマー」。

FUNRiDEのイメージカラー(?)ブルー一色のグッズはバイクやウェアとコーディネートできない困りモノ。

こんなモノに限って奥様の袋には参加賞が2つ入っていた(^^;

スズカ8hエンデューロのソックスも同様だが、イベント主催者には参加賞の是非について再考頂きたいものである。

今年はFlat Road Lovers繋がりの仲間で同じ宿にした。

会場へのアクセスも良く、前夜祭(宴会)の出来る居酒屋、レース後の入浴(日帰り入浴)もできる銭湯が併設されたホテルだ。

応援参加となったkorashoさん、スーパーhiroちゃんも加わり12名。

ノンアルのtAkEdA家は宴会開始と同時に晩御飯モード。腹が膨れたところで早々に失礼させて頂いたが、翌朝4時前には起きねばならないレース前日に皆さんタフです。

 

レースゼッケン

20170610_03

いつも手こずるジャージへのゼッケン貼り付け。

小さな安全ピンで四隅を止めるのが大変。
そこで今回はネットで知った新アイテムを試してみました。

20170610_04

日東 再剥離可能強力両面テープ NO5000NS 20mm×20m

20170610_05

周囲に沿って4枚貼ります。テープは手で千切れます。

20170610_06

安全ピンで止めると風で煽られてバサバサうるさいし、空力抵抗になっていたゼッケン。

この方法だとピッタリ張り付き、エアロゼッケンに!(本当はスズカで試したかったのですが)

剥がす時もゼッケン側にノリが残って後処理も楽。

 

レース当日

週間天気予報では心配された日曜日の天気も曇りから晴れへと変わってきました。

決戦ホイールが雨に弱いカーボンリムなので安心していましたが、思ったほどには日が射してきません。

20170611_02

僕の第6ウェーブ待機場所は運動公園のはずれにありました。

木々に覆われた通路の為、下山用荷物を預けてしまうと寒くてたまりません。

そして、やはり足りないトイレの数。大きい方はもちろん、小用をするためにも100人くらい並んでいます。

その内、通路わきの植え込みで立ちションをする参加者が・・・

今回は参加者が1万人越えであることを自慢げにアピールしていましたが、歴年参加者はトイレ待ちと下山待ちがどんどん悪化する事を不安・不満に感じています。

それこそ、参加賞を作る金で仮設トイレを増やしてくれた方がどれだけ嬉しいか。

20170611_03

第6ウェーブ待機場所から500mくらい歩いて女子待機場所へ。

FRL女子や知り合いの女性陣達とスタート時刻までおしゃべり。

しかし、同じく遠方の待機場所となった後続ウェーブにいるはずの男性陣はトイレ待ちの列に並んでいるのか?姿を現しません。

僕もそろそろ自分の待機場所まで延々と歩いて戻らねば。

20170611_04

待機場所から少しずつ進んでようやく自分のスタートの順番が回って来ました。

20170611_05

第6ウェーブほぼ先頭からスタートです。

スタート時心拍は低め。落ち着いています。

さぁ、スタート!

ここからゴールまでは写真なし。

今回のレースで一番気を使ったのは、脚攣りに注意する事。

90分間負荷をかけ続ける練習はしていないので、スズカの時の様なことになると大変です。

ブロンズリング奪還どころか、完走も危うくなります。

ダンシングやスパートなどで急に筋肉の使い方を変えた時に攣りやすいことは経験から判っています。漕ぎ方を変えず、脳内パワーメーターで一定のパワーをかけ続けることを意識しました。

この日は風が強かったです。

なるべく集団の後方に位置しながらペーサーを探してついていく様にしました。

しかし、脚攣り警戒で速度を抑え気味の為に集団についていくのは難しい。

5kmのラップタイムを意識しました。

富士ヒルは距離24kmと言われていますが、実際にはスタートゲートから計測開始地点までの距離を引いて23kmあまりです。

5kmを18〜20分で走る感じですが、序盤の5kmは脚もまだ回りませんし、勾配がキツイので20分以上掛かってしまっても仕方ない。

中盤での挽回を目指します。

そうして20kmを80分以内で走ることができれば、残り3kmチョット。終盤のフラットなところを30〜40km/hで走り抜けると90分切りのブロンズリングがゲットできるという作戦。

ですが、今回はトップスピードが伸びませんでした。

手元の時計でこのままなら90分切りは大丈夫だと思った時点で一層慎重になりましたね。

20170611_09

何はともあれ、無事に90分切りのゴール。目標達成で肩の荷が降りました。

20170611_06

下山荷物を受け取り、防寒着を着て待っていると、続々仲間達がゴール。
サッチーさんはついにシルバーリング獲得!次元の違う走り。

20170611_07

そして思ったよりもかなり早く奥様がゴール。危うくゴールシーンを撮り逃すところでした。

20170611_10_2

お約束のポーズをしたら・・・
あまりの寒さ(風が強くて体感温度がものすごく低い!)に知り合い全員のゴールを見届けられないまま下山の列に並びますが、グループでの下山でスタートするまでにかなり待たされました。1万人参加の弊害はこんなところにも。

20170611_08

下山したら吉田うどんをいただきます。

20170611_01_2

そして、皆んなも下りて来ました。

応援の為に来てくれたスーパーhiroちゃん、korashoさんと一緒に記念撮影。

お疲れ様でした。
ここで紹介した方々以外にも、本当に多くの方から声を掛けて頂きました。
1万人の参加者とはいえ、30人くらいは知った顔がありました。
山梨というアウェイな会場がまるでホームの様。気持ちが楽になりましたよ。

最後に、フィニッシャーリングの説明

レースではタイムを競い、順位(総合、年齢別)がつきますが、完走タイムに応じた色別フィニッシャーリング(ステアリングコラムスペーサー)がもらえます。

完走タイム

フィニッシャーリング

1時間050000以内

ゴールドリング

1時間150000以内

シルバーリング

1時間300000以内

ブロンズリング

1時間300001以降

ブルーリング

女子参加者

ピンクリング

 

 

そして僕の暦年の記録

開催会()

タイム

 

9(2012)

1時間24分10

ブロンズリング

10(2013)

1時間23分34秒928

ブロンズリング

11(2014)

1時間27分18秒328

ブロンズリング

12(2015)

雨によるDNS

-

13(2016)

1時間33分23秒

ブルーリング

14(2017)

1時間28分11秒64

ブロンズリング

 

来年の目標

ブロンズリング防衛
そして、できれば自己ベスト更新!かな

« 東濃牧場 | トップページ | アップグレード »

コメント

ブロンズ奪還おめでとうございます!
まっtAkEdAさんなら当然ですけどね!

来年は二人で20分切り目指しましょう!
って事は雨沢18分台・・・書いてて憂鬱になってきた(笑)

ゼッケン貼り付け良いですね
鈴鹿で凄く効果ありそう。

麓で吉田うどんを食べながらブロンズ奪還を願っておりました。
下山してきた際の笑顔ですぐわかりました。
この度はおめでとうございます。
私らしくないですが、本音でお祝いの言葉をお贈りします。

>ひらさん
今年の春sp、富士ヒルには間に合わなかったけど、徐々に回復して来ている様で良かったです。
また一緒にタイムを競いましょう。
僕の雨沢タイムは一向に縮まりませんが、今から1年間頑張って、「1時間20分切り」目指したいな。

今回のブロンズリング奪還は本当に嬉しかった。肩の荷が降りた。ホッとしましたよ。
富士がもう少し近くにあれば、試走にも行くのですが、毎年一発勝負だからねぇ。

>korashoさん
ありがとうございます。

今年の富士での対決を楽しみにしていただけに、korashoさんのDNSは残念でした。
それでも応援参加してくれてありがとう。
アウェイでのレースには見知った顔が多いほど気持ちが楽になります。
来年の富士では共にシルバーリングを目指しましょう(^^;
その前に秋のスズカですか。
どうぞお大事に。

遅いコメントですが^^;

ブロンズ奪還!おめでとうwww♪
ついにやりましたね♪^^
ほんとに 麓でkorashoさんと祈ってましたよ
女の子には目もくれずに ひたすら祈っていました
記念写真のほうも 卒業アルバムの撮影日に休んだ生徒での参加♪ありがとうございます^^
嬉しくて涙が出る思いです(笑)

復活したtAkEdAさん、今後のイベントも次々とやっつけて行っちゃってくださいね♪
まだまだイケる♪^^

>hiroちゃん
ども、ありがとうございます。
hiroちゃんは今回も応援参加で、一緒に走れませんでしたね。でも、またお会いできて良かったです。
ブラックから人並みになった様ですが、自転車の方はまだまだ現役復帰とは言えない様ですね。
これから1年。リハビリを続けて来年の富士では一緒にスタートラインに立ちましょう。
但し、その時はFRLジャージでね(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東濃牧場 | トップページ | アップグレード »