フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« しまなみ海道 奥様ライドレポート2日目の補足 | トップページ | GWのポタとヒルクラ »

2017年5月 7日 (日)

しまなみ海道 奥様ライドレポート3日目の補足

3日目 大三島〜尾道
奥様ブログへのリンク「しまなみ海道 二泊三日の旅 最終日の巻」

20170424_map

ついに最終日。
この日はゆっくり起きて、ゆっくりご飯を食べて、ゆっくり尾道へ戻ります。
福山に止まる上り「のぞみ」は、毎時59分発の1本だけ。
宿から尾道への自走、昼食、輪行パッキング、在来線での移動を考え、14時59分発に指定席を確保。
尾道14時08分発の在来線に乗ればいい。
時間的には十分に余裕があります。

20170424_01

宿の部屋から見た朝の多々羅大橋。
こんな眺めの良い部屋ですが、都会の橋と違ってライトアップはされません。

20170424_02

チェックアウトし、着替えを詰めたコロコロバッグは往復宅急便で自宅へ発送。
輪行バッグを入れたリュックサックを背負って、さぁ、出発。
今日も晴れ!
3日間とも天気サイコー!
暑くなく、寒くなく。
海沿いの日陰は少しヒヤッと涼しい風が吹いていましたが、それも気持ち良く。

宿の方から聞いたのですが、僕らが来る数日前までは黄砂が酷くて大変だったそうです。
なるほど、東京より名古屋、名古屋より中国・四国地方の方が中国(チャイナ)には近いから黄砂の影響も大きいのですね。
いやぁ〜、良い時に来ました。

20170424_03

今回のしまなみ海道ツアーの素晴らしかったこと、綺麗だったこと、美味しかったこと、思い出しながら記憶に焼き付けながらの〜んびり走ります。20170424_04

1日目、2日目も週末ですがGW前ということなのか?思ったよりも人出は少ない印象でしたが、3日目は平日月曜日。
地元の人も観光客、自転車乗りとも更に少なく。
この静かで美しい時間と空間を独占しているような幸せ感に包まれました。

20170424_05

「しまなみ海道」
島々を橋で渡ることがその魅力だと思ってました。
だから、最短ルート69.9kmを案内に従って走るものなのだと。

20170424_06

高い所に掛かる橋を渡るためにアップダウンがあることや、橋から降りたら次の橋まで島の道路を「移動」する手間や時間が無駄なこと。

「ついでに島に立ち寄る」のは、時間に余裕がある人や何度も来ている人がすることなのだと思っていました。確かに建造物である様々な形の橋を「渡る」ことは楽しいです。

20170424_07

でも、西瀬戸自動車道をクルマで一気に走り抜けてしまう人たち、橋の高さ、橋から見えるものしか知らない人たちは、このしまなみの魅力のほんのごく一部しか見えていないのです。
橋を下から、横から、橋を渡りながら、あるいは橋を見下ろして楽しむことができるのは自転車ならではです。

20170424_08

橋の途中で止まって写真を撮ったり、「鳴き龍」を聞くことができるのも、クルマで走り抜ける人にはできません。
そして各島々の個性。地形、景色、町、文化、事業、観光施設、食文化・・・
これらを知ることなく走りすぎてしまうのは、あまりにももったいない。

20170424_09

あ〜、そんな楽しかった「しまなみ海道ツアー」ももうおしまい。
また来たいなぁ〜〜〜。
今度はここの島々をもっとゆっくり回りたい。
各島の周回コース、横断、縦断コースで、もっと深く楽しみたい。

さて、向島から尾道への連絡船が出発しましたが、尾道側の岸壁近くを巡視船(?)が・・・

20170424_10

浮き輪をつけた人を引き上げている。どうやら岸壁から海に落ちた人を引き上げていた様子。

駅前のパン屋さんで昼食を済ませ、輪行の準備をする前に会社へのお土産を買おうと駅の改札脇の土産物店へ入ると、なにやら駅職員がそわそわ。
聞けば6月にデビューする「トワイライトエクスプレス瑞風」がお披露目を兼ねた試運転で尾道駅に停車するとのこと!
今、丁度メディアではJR東日本の「四季島」のデビューを取り上げていますが、こちらJR西日本の瑞風もすごいです。
急いで輪行のパッキングを済ませてホームへ急ぎます。

20170424_11

初代(先代)トワイライトエクスプレスは、機関車が牽引する客車の列車でしたが、瑞風は気動車(ディーゼルカー)の列車で、自ら電化・非電化を問わず自力で走るんですね。

20170424_12

すごい個性的な先頭車両。

20170424_13
乗車定員が1両6名とか、すごいですねぇ。

実は輪行のパッキングをする際に、三河の女性ローディーブロガー「のぶちーさん」との運命的な出会いもあったのですが、その女性がのぶちーさんだと分かったのは名古屋に戻ってからのこと。

瑞風を見てはしゃいでいるうちに福山へ行く在来線が入線。
尾道を後にし、福山駅で新幹線のぞみに乗り換えです。
新幹線ホームに出たら、のぞみの前の列車が入線・・・

20170424_14

うわ〜〜〜500系!
大好きな500系!
東海道新幹線を700系に追われ、山陽新幹線で余生を送っている500系。
名古屋にいては会うことができなかったね。

瑞風に続いて一人はしゃいでいる僕。冷ややかに見る奥様。
 
14時59分発ののぞみが入線。
最後部3列シートのAB席の後ろ、隣2列シートDE席の方にもご協力いただき、自転車2台を無事に安全な場所に収め、名古屋へ帰ります。
快適な新幹線であっという間に名古屋へ。
名古屋駅で自転車を組み立て、明るいうちに自宅へ到着。
 
あ〜、楽しかった!行って良かった〜!
企画してくれた奥様に感謝!

« しまなみ海道 奥様ライドレポート2日目の補足 | トップページ | GWのポタとヒルクラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しまなみ海道 奥様ライドレポート2日目の補足 | トップページ | GWのポタとヒルクラ »