フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 花見川サイクリングコースと大多賀峠 | トップページ | 2016年05月 まとめ »

2016年5月24日 (火)

シューズのメンテナンス

Sworks1_3

安定のS-WORKS ROAD
見た目のスマートさ、格好良さ。
軽さ、強さ、フィット感など、文句なしのシューズです。

1年前に買い換えたのですが・・・

Sworks2_3

1年間で踵のパーツがすり減ってしまいました。
この間の走行距離は6,500kmですが、左右均等に外側がすり減っています。
ということは、ライド中の信号待ちなどでビンディングを外して足をつくことですり減ったのではない。
(停止に伴う足つきで減ったのなら、左足だけが減るはず)
革靴のヒールも外側が減りますから、これは僕の歩き方の癖によるものですね。
ライド中の休憩などで歩き回った際に磨耗してしまったようです。
クリートは常時Keep on Koversで保護していますが、踵はアスファルトの上を歩いたら削れてしまいます。
それにしても、わずか1年ですり減ってしまうとは・・・

先代のS-WORKSは4年半も履きましたが、途中でヒールパーツの交換はしませんでした。
ただ、その分、コンビニなどの床では滑りやすかった気もします。
その対策でしょうか?モデルチェンジでヒールパーツの素材が柔らかい物に変わったようです。

まぁ、こうなった以上は、パーツ交換しかないわけです。
消耗品として購入可能なのは知っていましたが・・・

Sworks3_3
2,808円ですとぉ〜〜!!
まぁ、本体価格もそれなりでしたから、消耗品もそれなりのお値段なのですね(^^;

交換作業はとっても簡単。

Sworks4_3

インソールを外すと、プラスネジの頭が見えます。
ネジを緩めて磨耗したパーツを外し、新しいパーツをネジ止めしたら、インソールを戻しておしまい。
左右の内外、4個を交換するのに5分とかからない。
簡単、簡単、すぐ終わる。

が、ここで思いついた。
「磨耗しているのは、左右とも外側だけだ。内側はほとんど傷んでいない。」
「今回交換しても、1年経てばまた外側が磨耗する。」
「外側用パーツと内側用パーツは形が異なるが、右の外側用は左の内側用と同じ、左の外側用は右の内側用と同じ。」
そうか!今回は外側だけ交換して残りのパーツを保管しておく。
また1年後に外側が磨耗したら、保管しておいたパーツで外側だけ交換する。
そう考えたら、2ペアのパーツで2,808円もそう高くはないぞ。

ということで、

Sworks5_3

両足の外側だけ交換して修理完了。

Sworks6_3

残ったパーツは次回の修理に使います。

 

 

さて、Mt.富士ヒルクライムまで1ヶ月を切りました。
今回も何とか90分切りでブロンズのリングを貰いたい!
その為には、まずは大多賀峠を40分切りした!
週末で奥様が走らない日はソロで大多賀峠参りです。

0508_3
5月8日 41分12秒

0514
5月14日 41分31秒

0522

5月22日 41分56秒

どんどん遅くなってる〜〜!!(T-T)

Gamera

所詮、僕はカメさんですよ

« 花見川サイクリングコースと大多賀峠 | トップページ | 2016年05月 まとめ »

コメント

『亀オチ』(笑)


いやいや、人の上達速度って正比例グラフとは限りませんから。
子供の頃に習っていた某教室の先生は「階段状に上達するから、水平のところで気を抜いちゃダメ」って私に言ってました。

富士ヒル、天気に恵まれるといいですね(^_^)

>ぴぽたさん
亀さんは22日の大多賀峠帰り、天白川沿いの道を横切っていたのを捕まえました。
外来種のアカミミガメ(ミドリガメ)ですね。

大多賀峠41分の壁、雨沢峠21分の壁
二つの壁が立ちはだかっていて、ブレークスルーできません。
このままでは富士ヒルも「91分の壁」に阻まれてブロンズ逃しそう(^^;
何も工夫せずに同じアプローチでアタックを繰り返すだけではダメなのでしょう。
それでも本番まで愚直に挑もうと。

でも、何よりも当日の天気が良いこと。
これに尽きます。
去年は雨でDNSでしたからね。

http://www.cyclowired.jp/news/node/200139

↑これ欲しい、欲しいわ~T T

こんにちは!
ご無沙汰しています。
あこがれのロードシューズ、
やはり、使ってなんぼですよね。
SIDIもその部分のパーツは交換できますが、
凄い値段しますね~、さすがS-Works。
確かに片減りの場合、ナイスアイデアです!
富士ヒル、頑張ってください。
わたし一度も90分切れませんでした><
ではまた。

>S-Worksのシューズさん
って、誰!?
モゥ、風磨堂さんったら

そう、このサガンモデル欲しい!

で、すっかりスリムになったとのこと。
僕も体脂肪率をもう少し下げたい。
ヒルクライムには軽量化が大事です。
どうやら富士ヒルはチカラではねじ伏せることができそうにないので、軽量化で少しでもタイムアップを図ろうか?
いや、今からでは間に合わない。
何とかならないかしら・・・

一緒に走ったパールロードの記事がアップされましたね。
また一緒に走ってくださいませ。
あ、ブルペは無理ですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花見川サイクリングコースと大多賀峠 | トップページ | 2016年05月 まとめ »