フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 夏山・三河湖サイクリング | トップページ | 2015年11月 まとめ »

2015年11月19日 (木)

GARMIN EDGE 500

20151118_garmin_01

僕が使っているサイコンは、GARMIN EDGE 500(海外通販で安価に購入した英語版)です。

たまに「地図が表示できたらなぁ」ということもありますが、あらかじめコースをロードしておけば、簡易表示で最低限のナビゲーションもしてくれます。
地図表示機能を持たない500なら、メニューの英語表記くらいは全く問題なし。
必要十分な機能・性能を備えていて、シンプルなデザインにも大変満足しています。
 
しかし、ロードバイクと同時に購入して5年経過し、バッテリーが劣化。
120km、7時間ほどしか持たなくなってきました。
ホノルルセンチュリーライドでも120kmあたりでバッテリーが上がってしまいました。
ということは、「そろそろ買い替え?この機会にEDGE1000Jにアップグレード?」とも思ったのですが・・・
・地図表示を必要とする機会が少ない
 道に迷った時などは、スマホの地図アプリを使えば良い
 地図表示が必要な時には、奥様用の810Jがある
・1000は、500や810Jとはスピード・ケイデンスセンサーが異なるので、本体だけ乗せ変えることができない
・パワーメーター、SHIMANO Di2を持っていないので、1000Jの機能を生かしきれない。
・英語版なら安く買えるが、地図が英語表示となるのは使いづらい。
1000Jでは折角の機能を使いこなせず、結果的にコスト面で折り合いません。
そこで、バッテリーを交換してEDGE500の延命をすることにしました。
 
ネットで電池交換をした方のレポートを探し、必要な情報と道具とパーツを揃えました。

20151118_garmin_02

購入時の商品説明にはなかったドライバーセットがオマケについてきました。

20151118_garmin_03

このオマケに極小トルクスドライバーが含まれていたのは、EDGE500の本体を分解する際に必要だということが判っているからなんですね。
事前に別途トルクスドライバーを手配していなくて良かった。

20151118_garmin_04

こちらは今回の作業のために購入した半田ごてセット。
1,000円ほどで買えるんですね。

20151118_garmin_06

本体を開け、基盤と液晶パネルを外し、基盤裏の電池を取り出します。
ありゃ、基盤から液晶パネルが外れてしまった。
ま、いっか。コネクターで刺してあるだけだから電池交換が終わって組み立てるときにはめればいいや。

20151118_garmin_05

本体ケース(裏)の内側中心部にバッテリーからのケーブルが半田付けされています。
電池交換するには、古い電池からのケーブルを半田を溶かしてはずし、新しい電池のケーブルを同じ様に半田付けする必要があります。
半田付けなんて高校生の時の鉄道模型で使って以来?30年以上やっていませんでしたが、何とかなるものです。

さぁ、あとは電池、基盤、液晶パネルを元どおりに本体ケースにセットして・・・

ん?液晶パネルから伸びたケーブルが基盤に刺さらない。

差し込む向きは合っている。

差し込む角度が違うのか?

う〜〜ん、う〜〜〜ん

アレコレ試しますが、どうしても基盤にケーブルが刺せません。

あ、基盤のケーブル受け口が壊れた(T-T)

終〜〜了〜〜〜!

バッテリー交換作業は失敗しました。
(正しくはバッテリー交換はできたが、液晶パネルコネクタ破損)

EDGE500は天に召されました。

サイコンが無くなったことで改めて代替機の手配を迫られました。

EDGE500、510、520、810J、1000Jという選択肢がありましたが、今はコレで十分ということで

20151118_garmin_07

EDGE 500J(本体のみ、スピード・ケイデンス、ハートレートセンサーなし)

Flat Road Loversバージョンです。(^^;

500に機能的な不満がなかったため、500を再購入。
今回は日本語版なので500J

うん、500で十分だな。

衛星電波を拾うのに時間が掛かるのは相変わらずだけどね。

« 夏山・三河湖サイクリング | トップページ | 2015年11月 まとめ »

コメント

お久しぶりです。
バッテリー交換は試してはいないんですけど、
僕も同じ理由で2つ目のEDGE500を使ってます。
これで十分です。

え~、タイムリーなこの記事に助けられましたので一言お礼を。
私のユピテル製GPSはUSBを差し込んでも認識しなくなったので、とりあえず分解しました。
そしたら液晶画面と基盤をつなぐフィルムのような電線が非常に頼りなく、この記事のことを思い出し、分解は中止しました。

その後、もしやと思い、USBポートを歯ブラシで磨いたら直りました。接触不良だったようです。
この度は大変たすかりました(笑)

>クラさん
ども、ご無沙汰です。
Edge500は名機ですよね。
本当はすんなりとバッテリー交換を済ませて、安価に延命できたらよかったのですけど・・・
初代500は、ロードバイクと同時に購入して43,000km。
地球1周以上の距離を走ったわけですから、元は十分にとりました。
二代目500とはどれくらい距離を一緒に走れるのかな?

>korashoさん
いろいろなライド企画にお誘いいただいているのに、なかなかご一緒できず残念です。
先日の「秘境探検&四季桜」も興味深いルートでしたが、「ヘボ飯」はイケマセン(^^;
紅葉ではなく、黄葉の方を選びました。

そちらのサイコンも調子が悪かったのですか。
接点不良とわかって無事回復とのこと、良かったですね。

今回の不手際は悔しいですが、手元には新古のバッテリーとトルクスドライバーと半田ごてセットが残りました。
もし、EDGE500ユーザーでバッテリー交換を検討されていらっしゃる方がいらしたら、一式を提供しますので、僕の仇をとっていただきたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏山・三河湖サイクリング | トップページ | 2015年11月 まとめ »