フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 「何枚だ?千枚田サイクリング」下見 | トップページ | 田口線を抜けて千枚田へ(後半)「のぼれ〜〜!」 »

2014年7月21日 (月)

田口線を抜けて千枚田へ(前半)「ナハ!ナハ!」

先週のリベンジを果たして来ましたよ。

20140720_1000maimap

岡崎市のくがらぎ渓谷を発着とする100km程の山中ライドです。

参加したのは、企画のようさん、コースディレクターKorashoさん、剛脚ひらさん、ダホン倶楽部のカズさん、坂道君を地でいくさっちー、お初の自称初心者トッキーさんとボクの7人。

早々にブログアップされている方がいらっしゃるので、僕の方はサラッと流す感じで手を抜かせて頂きます。
(と、アップがされていないメンバーにプレッシャーを掛けておく)

20140720_1000mai01

先週とは違って明るい朝を迎えました。
とはいえ、この季節は大気の状態が不安定でゲリラ豪雨への警戒を怠り無く。

じゃあ行きましょうか!
くらがり渓谷を出発し、田原坂をゆっくりと上ります。

20140720_1000mai02

トッキーさんはどれ位走るのかな?
少なくとも今回のルートを知ってのエントリーですから、アップダウンや100kmという距離には不安が無いということか?

20140720_1000maihight

田原坂を上り、道の駅つくで手作り村を通過して間もなくR301からK436へ逸れます。
さぁ、ここからが気持ちの良い緩く長い下り坂ず〜〜〜〜〜っと続きます。

20140720_1000mai03

森の中に入ると、跳ねが上がる程ではありませんが、路面が完全に乾き切っていないのでチョットだけ慎重に。
でも、とにかく気持ちがよい道なんです。
全くペダルを回さずにドンドン下って行きますが、緩い下りなのでスピードが出過ぎることもなく、一列になってシューーーーンと7台の自転車が連なって行きます。
途中からは右手に川が流れ、木々の間から水面が輝いています。
森の中を疾走するこの感覚、STAR WARS Episode6ジェダイの帰還 エンドアの森でのスピーダーバイクによる戦いみたい。
楽しすぎてちゃんと写真撮れてなぁ〜い(笑)

20140720_1000mai04

巴川と道が右に左にクロスしています。
この辺りは鮎釣りの人とクルマが多くて少し気を使いつつ。

20140720_1000mai05

やがてR257鳳来寺道に入りますが、まだまだ下り基調で楽チンサイクリング!
長楽の信号を左折してK436、K32へ。
20km以上の下りもここまで。ここから最初の上りに入りますが、少し先のコンビニで最初の休憩です。

ここで水分補給をして休んでいると、これから向かう方向の山間から黒雲が・・・
目に見えて雨雲が山間を覆って行きます。「あの雲の下、降ってるよね。」

20140720_1000mai06

すると、各自がスマホを取り出し「エックスバンドMPレーダアプリ起動!」
先週、たつまさんが披露したリアルタイムに雨雲の様子を見ることができるシステムです。
このシステム、素晴らしいです。この季節のライドに必携です。
情報によると、確かに我々の近くに強い雨雲が急に発生発達し、こちらに近づいています。
休憩は済みましたが、このままコンビニの軒先で雨に備える事にしました。
ポツポツ・・・
来ました!
走って来るクルマはびしょ濡れです。
やはり、この先でゲリラ的な雨が降っている様です。
しかし、雲の大きさも動きも見えています。この雨は直ぐに上がる。
いつ止むか分からない雨やどりと違って余裕綽々で雨雲が通り過ぎるのを待ちます。
ほら止んだ(^-^)v

さぁ、出発です。ここからいよいよ今回の目的のひとつ田口線廃線跡道路を走ります。
元々は森林鉄道だったものを旅客鉄道にした路線だそうですが、廃止から既に40年以上経過しているそうです。
山へ向かって上る路線ですが、鉄道ですので斜度が緩い!ここが重要です。
雨上がりで路面が濡れています。
エックスバンドを知らずに走り出していたら、ここをずぶ濡れになって走っていたわけですね。
さぁ、早速トンネルが見えて来ましたよ。

20140720_1000mai07

鉄道用のトンネルなので、形が縦に長くなっています。

20140720_1000mai08

反対側から見ると、大きな岩をくりぬいて造ったトンネルとわかります。
の〜んびりとしばらく廃線跡を走ったらK32に復帰。
すると、四谷千枚田の案内が!
来た〜〜〜!!!
これまで多くのブロガーの記事で見ることはあっても、なかなか来る機会の無かった千枚田です。
ちょっとだけ山を登った先にそれは広がっていました。

20140720_1000mai09

すばらしい!!!

20140720_1000mai10

わ〜〜い!

つづく

« 「何枚だ?千枚田サイクリング」下見 | トップページ | 田口線を抜けて千枚田へ(後半)「のぼれ〜〜!」 »

コメント

僕は二ノ瀬で本当に坂嫌いになりました(笑)(T ^ T)

今回のサイクリングは、ただ皆さんと走りたいと思っただけで参加してしまいました(笑)無謀(笑)

二ノ瀬ほどの坂はないだろうとは思いましたけど。。。

でも、これから坂も練習して行きたいと思いました!!

日曜はありがとうございました。
どんなに催促されようが私はサラッととしかブログに書きません!w
千枚田や田口線、鳴瀬の滝と楽しいコースを皆さんと走れて満足!
上にトッキーさんが「私を坂に連れてって(意訳」といってるのでみんなで連れてきましょうか。

>トッキーさん
何をおっしゃいますやら。
最後までしっかり着いて来ていたじゃありませんか。
この季節は少しでも涼しいところを求めて、川や森、高原を目指して坂が多いところへ行きがちですが、気温が下がってくれば知多や渥美の半島方面などフラットロードも良く走ります。
またご一緒しましょう。

>さっちー
アウター縛りってアンタ(^^;
まぁ、いいや。そのスピードでスズカも頑張って!
前に出られると「チィ!」と追いかけたくなりますが、最近のさっちーの飛び出しには「即、容認」です。
着いて行きたくても歯が立ちません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「何枚だ?千枚田サイクリング」下見 | トップページ | 田口線を抜けて千枚田へ(後半)「のぼれ〜〜!」 »