フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 第5回スズカ8時間エンデューロ春sp(1) | トップページ | 第5回スズカ8時間エンデューロ春sp(3) »

2014年5月20日 (火)

第5回スズカ8時間エンデューロ春sp(2)

では、レースの経過を簡単に。

 
試走を終えピットに戻る。

アタック120は8:03のスタートだ。
トイレを済ませ、日焼け止めを塗り、補給食をバックポケットに詰め、直前の補給としてバナナとアクエリアス。
 
個々に計測チップをつけての計測なので、スタートラインの最前列に付く必要はないのだが、スタート直後の渋滞で失うタイムはなるべく少なくしたい。
コース上は遅い人は左側、速い人は右側を走るルールだ。
そこでボクとひらさんはコースの右寄りでスタートを待つ。
 
アタック240と8時間エンデューロが8:00にスタート。
さぁ、いよいよ自分たちの番だ。
右のクリートをはめる音がアチコチから聞こえて来る。
カウントダウン、そしてスタート!
 

前方からユルユルと集団が動き出す。
左クリートのキャッチの音がバチバチガチガチ。
スタートラインを越えてGARMINのスタートボタンを押したら計測開始。

シケインを抜けるまではパレードラン状態なので、他車と接触しない様に慎重に進み、シケインを抜けたらギアを上げて加速していき、130R、西ストレートの緩い下りを走りながら前方にターゲットとなる集団を探す。
揃いのジャージを着た3人組が先頭の集団が右寄りを加速して行く。
「ヨシッ、あの集団について行こう!」
スプーンを抜けるまでは周囲のペースの見極めで牽制し合っている感じだが、ここでいつまでも目移りばかりしていると乗り遅れるので、とりあえず乗ってけ!
 
試走は2周しているものの、密集した状態でのレースペース別物だ。
ペースからしてこの集団に今回がスズカデビューといった初心者ライダーはいないと思うが、アップライト気味の姿勢で前後左右の動きに気をつけながら間隔を詰めすぎない様にペダルを回す。前車の真後ろにつかない様に慎重にラインを選ぶ。
立体交差下やS字でのトップスピードもまだ押さえ気味だ。
 
メインストレートからシケインに掛けての緩く長い上り
トップ集団を走るエキスパートなら隊列を維持したまま走り抜けるが、ボクらのレベルではここで集団が一旦散る感じだ。
それでもシケインを抜ける頃までにはなんとか元の集団が再形成されるのが面白い。
オープニングラップを無事に走り、ボクも集団も落ち着き、改めてペースを上げて行く。
1周目での遅れを取り戻そうとする意識か?オーバーペース気味だと判っているが、ドンドンスピードが上がって行く。
デグナーの緩い上りも立体交差までのスピードを生かして一気に踏み抜く。
ダンロップからS字へ、集団でスピードを上げて駆け下りて行く・・・
「落車ぁーー!!!」「落車!」
前方で注意を促す大きな声!
減速・左へ回避を促すハンドサイン!
S字の右寄りでの落車が発生していた。
周囲の適切な回避によって後続でのアクシデントは避けられたが、横目で事故現場でうつぶせで倒れているライダーの様子を伺う。
ヤバそう・・・
全速力で駆け下りている状態での転倒だ。
ラインがクロスしたのか?前車がハイスピードにビビって減速でもしたのか?
2周目に入って全体的にハイペースになっていたし、自分も高揚して1周目の慎重さや周囲への警戒を忘れかけていた。
一瞬で我に返り、気を引き締めた。
 
その後、自分のペースも安定し、周囲を走るライダーの顔ぶれも固まって来る。
体力的にも余裕がある序盤で気持ち良くラップを重ねる。
ひらさんも同じ集団にいて、流れに任せながら時折前後が入れ替わる。
 
今回の決戦仕様として、ディープリムのカーボンホイールを履いているが、さらにスズカでしか使わない機材がDURA ACEの11-23Tカセットだ。
普段履きはULTEGRAの12-25Tだが、ヒルクライムレースと違ってスズカでのレースには高速巡航用に11Tが必要なのだ。
コイツがあると、立体交差やS字でギアが足りなくなることはない。
しかも、DURA ACEなので軽い!
だから、普段のサイクリングでは踏み入ることができない領域に入ることができる。
但し、普段使い慣れない重いギアは諸刃の剣。
使いどころを間違えたり、多用しすぎると途端に足を削って行くのだ。
しかし、構うものか!
この非日常の世界でPARISのペダルをチカラの限り回してやるぜ!
 
スズカのレースではGARMIN EDGE500のAUTO LAP機能を「Start and Lap」に設定してある。
スタート時、EDGE500のスタートボタンを押した地点が記憶され、スタートラインを越える度にLAP表示(何周走ったか、この周回に何分掛かったのか)がされる。
この表示でLAP20となればゴールだ。
ゴールはまだまだ先だ。
 
それでも5周目あたりだったか?
後方からバイクのホーンがビッ!ビッ!ビッ!ビッ!と聞こえて来る。
「うわっ!もう先頭集団に周回遅れにされるのかよ!」
 
つづく

« 第5回スズカ8時間エンデューロ春sp(1) | トップページ | 第5回スズカ8時間エンデューロ春sp(3) »

コメント

鈴鹿お疲れさまでした。
ナニはともあれ皆さん落車に巻き込まれず
無事でなによりです。
ひらさんトコにもコメントしましたが
ボクも来月あたりからシフトが変わりそうなんで
一度、参加してみようかなぁ…

>BUNさん
お仕事の都合でイベント参加が思う様に出来ないのは辛いですね。
もし、シフトが変わるのであれば、是非一緒に走りましょう!
出来たら今年の秋spからでも。
楽しいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第5回スズカ8時間エンデューロ春sp(1) | トップページ | 第5回スズカ8時間エンデューロ春sp(3) »