フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 第2回伊吹山ドライブウェイヒルクライム(レース中盤/ゴール) | トップページ | 弱虫ペダル スタンプラリーに参加! »

2014年4月29日 (火)

荒川サイクリングロード(帰省と規制)

GW前半

普段は病欠の時くらいにしか使わない有給休暇をつかって飛び石連休の隙間を埋め、2泊3日で千葉県の実家へ。
天気も良さそうなので、クルマにPARISを積んで帰ります。
 
が、しかしここで問題発生。
僕のクルマはHONDA PRELUDE
20世紀に生産され、今は絶滅危惧種となっている2ドアクーペです。
狭いトランクには自転車を積めません。
前後輪を外し、助手席を目一杯前に倒し、助手席のドアを目一杯広げ、ハンドルとペダルの角度に気をつけながら腰を痛めそうな姿勢で後部座席へ。
ところが、今回はいつも以上に積み込みに苦戦しました。
原因はライディングポジションの調整でサドルを数mm上げた事でした。
もう、本当にギリギリなんです。
やっぱりクルマを買い替えるしかないのか・・・
 
金曜日の深夜に名古屋を発ち、新東名を順調に走り、土曜日の明け方に東京ゲートブリッジを渡ります。

20140426_arakawa1

そして、葛西臨海公園駐車場に到着。

20140426_arakawa2

帰省時恒例の寄り道サイクリング「荒川サイクリングロード(通称「荒サイ」)」です。
 

20140426_arakawa3

名古屋からノンストップで到着。
江戸川の対岸に見えるネズミーランドが朝日の逆光で眩しいぜ。
昨日まであそこでようさんがはしゃいでいたんですね(笑)

 

荒川・江戸川はスピプロでのスポーツサイクルデビューのステージです。

特に荒川サイクリングロードはFlat Road Loversにとっての聖地と言っても過言ではありません。

ただ、ここ数年は自転車ブームによって他の河川敷利用者との事故が多発。
河川管理事務所が一律に「時速20km制限」という「ルール」を定め、路面のアチコチにペイント。非現実的なルールは守られる事なく、その後もサイクリング以外を目的とした利用者も含めた身勝手や不注意による事故が多く発生。
ネットや自転車雑誌にも少々ヤバい雰囲気が伝えられていました。
試験的な自転車レーン舗装なども試されていましたし、僕も帰省時に現場を見て来ましたが決め手に欠く感じでその後を心配しておりました。

前回荒サイを走った時には一部が工事中で隅田川へ迂回させられましたが、今回は既に管理道路の整備は終わっており、法面の養生がされている状態。
今回の整備で河川敷の高さだった管理道路が一段高くなりました。
野球/サッカーのグラウンドを利用する人の動線が変わり、グラウンドからボールが道路へ転がり込む事も減るでしょう。
土手からグラウンドへのアプローチ部分は自転車の減速を促す為に立体に見えるカラー舗装やスピードバンプが設けられました。
スピードバンプはロードバイクのタイヤで通過してもそれほど不快なものではなく、バンプに躓いて転倒する様なことはなさそう。
相互の安全の為には受け入れられるものだと感じました。

20140426_arakawa4

改修されなかった区間でも「時速20km制限」のペイントが削られていました。

「新・荒川下流河川敷利用ルール」が制定され、その中で自転車に対する一律に時速20kmという規制の文字は削除されました。

その代わりに、マナーとして「自転車は徐行し、歩行者を優先しましょう」という表現に変わりました。

20140426_arakawa6

「徐行」というと一般道路などでは路地などの見通しの悪いところからの飛び出しに備えて「いつでも安全に止まれる速度」を意味しますが、見通しの良い河川敷においては時速20kmとは限らないでしょう。

互いに相手を認識し、尊重し、相手の動きを予測し、適切な判断で動く、減速する、止まる、迂回する、(場合によっては加速する)という行動ができれば事故は防げると思います。
ちなみに、「歩行者優先」というと交通弱者保護の考えを勘違いして、歩行者は何をしても許され優先されるという考えを持っている人には改めて頂きたいですね。
リードを3、4mも伸ばして犬の散歩をさせている人、歩きスマホ以上に危険だと思う後歩き健康法実践者などは他所へ行って頂きたいと思っています。

20140426_arakawa5

どうです?
滑走路の様に広くキレイな路面

視野にはグランドで野球をする少年、土手から下りて来る人、ジョガーはいません。
こうなれば自転車アウトバーン

走ってみたいでしょ?

20140426_arakawa7

荒川から隅田川への分岐点となる岩渕水門を過ぎ、そのまま更に上流へ。
戸田橋、笹目橋、外環道をくぐって朝霞市に達したところまで一気に走りました。

20140426_arakawa8

20140426_arakawa9

Garmin Connectが何故か読み込みエラー(T-T)
Garmin Training CenterはOKだったので、そちらの地図を。
夜通し運転して疲れていた筈ですが、荒サイの気持ち良さに75kmも走ってしまいました。
さぁ、PARISをバラしてPRELUDEに積んだら実家に向かいます。

4/29 18:30追記

ペダルイ2号さんのリクエストにお応えして、葛西臨海公園駅から荒サイのメインとなる右岸へ渡るルートをご説明します。
地図をクリックして大きな絵で見てくださいね。

Map1

Map2

随所に公衆トイレがあります。
コンビニに寄りたくなったら、土手を越えて適当に探せば見つかるでしょう。

« 第2回伊吹山ドライブウェイヒルクライム(レース中盤/ゴール) | トップページ | 弱虫ペダル スタンプラリーに参加! »

コメント

まいど、ルート教えて、臨海公園に駐車できるの?で左岸側に渡るのかな?知ってれば美味いもの屋も、東京の仲間と走ってきます。

>ペダルイ2号さん
上京の日程が合えばご一緒したかったのですが、残念です。

記事の最後に案内の地図とコメントを追記しましたので、参考にしてくださいませ。
食べるところは・・・
僕はいつも赤羽根岩渕のセブンイレブンで済ませてしまうのでお店のご案内ができません。
スミマセン
スカイツリー周辺にはお店も多いでしょうけれど、GWということで混雑しているでしょうね。

往路が追い風だと調子に乗って埼玉県の奥まで行って、帰りの向かい風に泣くことになりますのでご注意下さい。

まいど、早速のお知らせをありがとう、東京の仲間の走れる距離は多分50kmが限度、のんびり楽しんできます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第2回伊吹山ドライブウェイヒルクライム(レース中盤/ゴール) | トップページ | 弱虫ペダル スタンプラリーに参加! »