フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 内定者とリクルーターの知多一 | トップページ | サプライズポタ »

2014年2月22日 (土)

花ちゃん坂に挑戦!

本日はソロで知多一でございます。

知多岡田のセブンイレブンを先週とほぼ同時刻にスタートしました。
う〜ん、どうしてもスピードが出ない。
20140222_12408
イッパイイッパイで1時間24分08秒
今となってはどうやってパーソナルベストの1時間16分を叩き出したのか?ワカラン(T-T)
鎖骨骨折からの完全復帰はまだまだですね。

20140222_hanachan1

さて、今回はタイトルにもある通り、知多半島の新名所?「花ちゃん坂」に挑戦です。
久しぶりに師崎から東海岸を北上し、河和駅前の交差点を右折して海沿いにしばらく走ります。

20140222_hanachan2

名鉄の河和口駅の通りを挟んで海側の堤防のところに

20140222_hanachan3

カッパの花ちゃん

知多半島のカッパ家族については、Korashoさんの過去の記事が詳しいです。

で、この花ちゃんの視線の先にあるのが

20140222_hanachan4

花ちゃん坂

この花ちゃん坂は、有名ブロガー「めばる君」の命名

その後、嵐の二宮君がテレビの企画で挑戦した事で、一気に全国区に!

Flat Road Loversのぴよりんさん、サッチーさんが登頂に挑戦し成功したとの事で、僕も今回チャレンジしようと。

コンデジの写真ではそそり立つ壁の様な坂が上手く伝わりませんが、遠目にも相当なものです。

この角度はPARISの秘密兵器を使っても厳しそう。
少なくとも、途中でギアチェンジをする余裕はなさそうです。
最初からフロント30T、リア25Tの最強ギア比で行きます。

流石に序盤のアスファルト舗装部分の斜度では普通に走れますが、直にコンクリート舗装の急斜面に突き当たります。
ダンシングで上るのですが、キツい!というか怖い!
急に踏み込むとフロントが浮きそうになります。
ウイリー、バク転になりそうで、ハンドルを上から押さえつける様にして重心を前に前にと意識しながら、ジワリジワリと上って行きます。
「コレなら何とか行けそう」と思ったところで排水溝が横切ります。

20140222_hanachan6

(写真は下りる途中で坂道の左側のスペースから撮ったものです。)

グレーチングと路地の合流で路面が複雑な面構成となっており、どのラインを通れば良いのか判らず、右側に寄ったのが失敗。慌てて切り返して何とか足を着かずに坂の中央のラインに復帰できました。
ここを越えるとほんの少し斜度が緩くなり、一旦右にカーブし一息ついたら再び急になる最後の上りを踏み込んで頂上へ!

20140222_hanachan5

この坂は厳しいわ(^^;

息を整え、写真を撮って下りようと思ったのですが、怖くてとてもじゃないけど自転車に乗って下りるなんて出来ません。

自転車を手で支えながら、ヨロヨロと歩いて下りて行きました。

その後、久しぶりの急坂マジ漕ぎの影響か?股関節が痛い。足が攣りそう。

さて、名古屋へ戻る道ですが・・・

久しぶりに知多半島サイクリングロードを走ってみました。

20140222_chita

もしかして、ロードバイクに乗る様になってから初めて?

南知多道路沿いは良いんです。
公道と平面交差がいくつかあるのはやむを得ません。
問題は半田ICから先です。
半田IC、半田中央IC,JCTの敷地を迂回し、かつ大きな丘を越えなくてはならない。
半田の市街地なので、用地買収の問題もあったのでしょう。
いきなり、一般道の歩道にサイクリングロードの看板を立てて強引に迂回ルートを引いてあります。
以前走った時はこの区間をショートカットして市街地を縦断していましたが、今回はあえてその評判の悪い指定のルートを走ってみました。
・・・判りづらい。
曲がるところに⇔の看板があるだけで、「この先○○○mを左」とかの説明が無いので、どこまで行って良いのか?曲がるところを通り過ぎてしまったのではないか?と不安になる。
不親切だなぁ。
なんとか見覚えのある道に復帰し、佐布里池まで戻ってきました。

今の季節の佐布里池といえば、「梅まつり」なのですが・・・

20140222_souri1

梅の木がたくさんある方向を見ると、僅かに紅梅が咲いているのが見えます。
しかし、橋の側の駐車場近辺の梅の木はほとんど咲いていません。
いくらクリートカバーがあるとはいえ、砂利道をあそこまで歩いて行くのも自転車で走って行くのも嫌だなぁ。

20140222_souri2

ズーム撮影しておしまい(^^;
沿道の白梅もまだまだこれからという感じです。
観に来るのなら、来週末ですかね?

ここから先はいつもの道で帰って来ましたとさ。

大分長くなりましたので、今回初めて試したパーツのレポートは日を改めて。

« 内定者とリクルーターの知多一 | トップページ | サプライズポタ »

コメント

おぉ!!花ちゃん坂チャレンジしましたか!!
で、当たり前のように一発クリア。流石です。
嫁と娘が二宮君ファンなんでボクもいつかは
チャレンジして一発クリア~!!
どーだ、とーちゃんは二宮君よりスゴイだろ!!
って自慢したいです(笑)
ローラー台引っ張り出して鍛えます♪

流石でございます。残念ながら私は、途中で怖くて足ついてしまいました。さっちーは一発クリアですです。

あれはもう壁ですね、、、。

>BUNさん
ご家族は二宮君の花ちゃん挑戦はご覧になったのでしょうか?
歩いて上って来る親子連れもいましたよ。
BUNさんもご家族で(クルマで)行ってみては?
もちろん、自転車を積んでね。

>ぴよりんさん
確かに怖いよね。
止まってしまい、倒れるのでは?
踏み込みすぎて、前輪が浮いてひっくり返るのでは?
ビンディングを外して自転車を放り出したくなります。

おおっ!行ってきたのですね^_^
一発で登頂成功⁉︎ …やっぱりtAkEdAさんは凄いですね
ニノが挑戦してる時のテレビ放送を見てましたが
その映像だけでもアレは無理だと思いました…
でも面白そう( ̄▽ ̄)
今度また連れて行ってくださいね(^-^)

>スーパーhiroちゃん
ギア比さえ確保できれば登れるはず。
但し、速度が低くなるので倒れないようにするバランス感覚が大事。
ムラタセイサク君なら簡単かな?
回転ムラを生じない様、倒れない様、一定のトルクと速度を維持しながら、前輪が浮かないよう押さえ込む。
ライン取りも重要です。

> 今度また連れて行ってくださいね(^-^)
フルパワーでの無酸素運動になります。
血圧が高い人にはヤバいです。
スタート地点から上を見上げるまでにしておきましょう。

サイヤ人のtAkEdA様のブログはこちらでしょうか?
ようやく見つけました!(笑)

リンクまで貼って頂きありがとうございます。
私も花ちゃん坂仕留めてきました。
30×28のスーパーローギヤですが...(^^;;
あれは坂でなく、崖ですね。(笑)

>Korashoさん
全く同じ時間に互いのブログにコメントをつけあっていましたね。
そちらにコメントを保存した直後に、自分のブログに書込みがあった事を告げるメールが!
あ〜、びっくりした(笑)
実は、Korashoさん同様にボクのフロントはトリプルなんです。
なので、大抵の坂は登れる筈なのですが、花ちゃん坂は手強かった。
えぇ、アレは崖です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内定者とリクルーターの知多一 | トップページ | サプライズポタ »