フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« ミーハーですから | トップページ | 今度の週末 »

2014年2月11日 (火)

ベンチレーションシステム

真冬のサイクリング
ウインドブレイクジャージは、風を通さず、裏起毛。
ヒートテックのアンダーとの組み合わせなら、2枚でも十分。
走り始めは寒くても、徐々にカラダが温まってくると、やがて汗をかくほどに。

20140211_ventilator_1

ファスナーで開閉できるベンチレーターが僕のウインドブレイクジャージにもついているのですが、腕にはついていません。
 
春秋だと指切りやメシュのグローブで風を受けると手がラジエターの役割をしてくれるので、体温上昇をコントロール出来ます。
しかし、冷気を通さない冬のフルフィンガーグローブとウインドブレイクジャージに包まれた指先から腕は通気性を失って汗をかき、湿気がこもります。
この汗が不快で、後々カラダを冷やす元になります。
 
腕や脇の下にベンチレーターのあるジャージも売ってますけど、このお気に入りのzerorh+ジャージの腕の蒸れを何とか出来ないかなぁ…

ということで、コレ。

20140206_straw

曲がるストローを短く切ったモノを2つ用意します。
 
 

それをジャージとインナーの袖口から差し入れて、ハンドルを握った状態で吸口が前を向くようにセットしました。

20140211_ventilator_2

曲がるストローにしたのは、手首の返しに合わせて向きを調整できるからです。
コレで強制的に外気を袖口からジャージ内部に取り込みます。
 
実際に使ってみると、ストローの細い口を伝ってスーーーと冷気が入ってきます。
外気温や運動量による体温上昇とのバランス次第ですが、それなりに効果がありました。
適度に腕が寒い!
寒すぎたらストローの向きを変えます。
セブン-イレブンの黒いストローだとあまり目立ちませんが、カラフルなストローだと見咎められた時に少々恥ずかしいかも。
それと、袖口に差し込んであるだけなので、休憩時などにポロリと落とさないように気をつける必要があるのが難点かな?

実用新案申請中

« ミーハーですから | トップページ | 今度の週末 »

コメント

ほう、工夫次第では東京特許許可局が取れるかも。
で、今日はどこへ?
私は瀬戸の田代に行ったのですが1時間待ちと言われ、大須でカレー煮込み。相変わらず練太郎君はふざいでしたね。

>ペダルイ2号さん
冬の間のソロは、リハビリ&トレーニングとして
往路:知多広域農道TT
復路:西海岸
で走り込むことにしました。

雪の翌日(8日)は1時間23分台がでましたが、今日は悉く信号に引っかかって1時間26分台。
信号に引っかかるのは遅いから。
一度引っかかると、負の連鎖が始まります。
タイムの良い時には信号が赤になる前に渡れるんです。
自転車で走る事には慣れてきましたが、上りがダメダメです。


うなぎかぁ・・・
この前、蓬莱軒でひつまぶしを食べ損なったからなぁ。
でも、うなぎの高騰でなかなか手が出ません。
上から見てうなぎの間からご飯が見える様なうな丼は悲しいし。
ひもの定食やカレー煮混みの方が庶民的でいいや。

暑くなるほど走りこむ。
これは自分には関係ない?

自分はゆっくりしか走れませんが、機会があれば近々に一度走って下さい。

>きん坊さん
自転車の冬ウェアも、昔のスキーウェアの様にGORETEXとかThinsulateといった機能素材を使ったらいいのにと思うのですが・・・
昔のスキーウェアは新素材、新機能をしめすワッペンやタグが沢山付いている事がステータスでした。
最近、国内でもGOREのサイクルウェアが出回ってますね。
ノースリーブのインナーと冬グローブを持ってますけど、GORETEXは使っていない(^^;


僕が行けなかった忘年ポタみたいな、美味しい物をエサに何処か行きたいですね。
ひもの食堂も良かったですが、越すに越されぬ長良川。

お~なるほど
いいアイデアですね。

僕も今日広域農道行きました。
どっかですれ違ったのかな?

>ひらさん
とりあえず、風量はストローくらいで丁度良い事は確認できましたが、もう少しスマートに使いたい。
ジャージの袖口に目立たない様にヘアピンで留める事も考えましたが、結局ジャージの脱ぎ着で脱落しそう。
要改善です。

広域農道は憶えました?
冬のジャージ姿だとすれ違っても気がつかないかもしれませんね。
今日は岡田のセブンイレブンを9:40頃にスタートして、羽豆岬 のゴールが11時過ぎでした。

野間灯台辺りですれ違ってそうですね。

行き先を決めずに出発したので、ちょっと不安
でしたけど、なんとか広域農道迷わずに
走れました。
今度は僕も往路広域農道TTやってみようかな~

>ひらさん
昨日は多くのライダーとすれ違いました。
コチラから会釈をして返して下さる方、向こうから手を挙げて下さる方。
そんな中に、対向車線に自転車を認めて挨拶をしようと思ったところに大型車が割って入って・・・なんて事が何度がありました。
それで気がつかなかったのかもしれません。

広域農道は距離が長く、アップダウンの繰り返しが辛い。
ソロで走る時にはゲーム性のあるグロス計測でのタイムトライアルが面白いんです。
でも、復路の広域農道はかなり辛そう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミーハーですから | トップページ | 今度の週末 »