フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

2013年10月 まとめ

S:DAHON Speed Pro TT
P:PINARELLO PARIS

2013年10月 1422.8km (S:0000.0km,P:1422.8km)

2013年09月 1525.3km (S:0000.0km,P:1525.3km)
2013年08月 1617.3km (S:0000.0km,P:1617.3km)
2013年07月 1694.3km (S:0112.1km,P:1582.2km)
2013年06月 1194.6km (S:0014.7km,P:1179.9km)
2013年05月 1056.8km (S:0060.0km,P:0996.8km)
2013年04月 0631.5km (S:0000.0km,P:0631.5km)
2013年03月 1073.5km (S:0082.5km,P:0991.0km)
2013年02月 0701.4km (S:0047.7km,P:0653.7km)
2013年01月 0887.3km (S:0000.0km,P:0887.3km)
2012年12月 1040.5km (S:0108.0km,P:0932.5km)
2012年11月 1069.2km (S:0000.0km,P:1069.2km)
2012年10月 1241.1km (S:0227.5km,P:1013.7km)

続きを読む "2013年10月 まとめ" »

2013年10月27日 (日)

思いがけず、Flat Road Lovers繋がり

う〜ん、やっぱり前日の知多一は効いたなぁ・・・

実は数日前にポジションを変えました。
以前から踏み切れていない様なストレスがあったんです。
トルクレンチを手に入れたので今さらですがベストポジションの模索を。
サドルを約10mm前に出し、約5mm上げました。
一気に変え過ぎかもしれませんが、変更の経緯を控えておけば行き過ぎは戻せば良い。
単に高さだけを上げれば短い足が延び切ってしまいますが、前に出した事で実質の高さは5mm程ではない筈。
50km程度の夜練で感触を確かめ、割と良い感じだったのです。
しかし、今までも本当は使えた筈の最後のほんの僅かな部分を3年近く使わずに走って来たので、この部分を使って一気に140km近く走ったのは結構な負荷だった様です。
まぁ、この新しいポジションによって広げられた可動域全体を上手に使い切れる様に頑張って鍛えましょ。
ということで、言い訳を先にしておいて日曜日のライドのレポートです。
 

続きを読む "思いがけず、Flat Road Lovers繋がり" »

2013年10月26日 (土)

4ヶ月ぶりの知多一

台風27号の影響による雨が上がり、道路も乾いた昼過ぎに家を出ました。

風強っ!
目指すは久しぶりの知多半島、師崎まで。
12時20分の出発ですから、明るいうちには帰って来られませんね。
ソロでの知多一はR302経由で東海IC手前まで、そこから下を走るR247へは階段にある自転車用スロープを使って(^^;
知多市に入った所にミニストップが出来ていた(嬉)

続きを読む "4ヶ月ぶりの知多一" »

台風は脇をかすめて通り過ぎて行った

名古屋では昨夜が雨のピークだった模様。

起きた時には降ったり止んだりで、早めにAEONへ買い出しに。
西の方から青空が広がって来るのが見える。
帰路につく頃にはすっかり晴れ、幹線道路は乾き始めている。
風が吹いているので、夏程に日差しは強くなくてもドンドンアスファルトが乾いて来る。
帰宅して「2013自転車世界選手権大会ロード」を見ているうちに道路も乾くだろう。
が、しかし・・・
風、強すぎね?
この風に抗って自転車で進むのは大変そうです。
午後から走りに出掛けようと思ったのですが、どちら方面へ行くのが良いでしょうね?

続きを読む "台風は脇をかすめて通り過ぎて行った" »

2013年10月20日 (日)

アニメ 弱虫ペダル

雨で自宅軟禁状態。

出掛ける用事もなく、録画した番組のチェックも済み、ネット巡回も飽きた。
ということで、本日2つ目のブログ更新。
 
 
10月から始まったアニメ「弱虫ペダル」が2回目の放送を終えています。
少年チャンピオン連載中(うわっ、もう30巻までいってるのか!)のマンガが原作ですが、2年位前でしょうか?マン喫でコミックスを途中まで読んでいます。
素人が対決しながら努力し、新しい技を憶え、ライバル達との友情を深めながら強くなって行く。
少年ジャンプ的な典型的少年マンガ。
 

続きを読む "アニメ 弱虫ペダル" »

目にさしてはいけません

日曜日

朝から一切の期待をさせない土砂降りです。
これでは各地のイベントは軒並み中止でしょう。
楽しみにしていた皆さん、残念でしたね。
中にはホッとしている方もいらっしゃるかもしれませんが(^^;
さて、先日紹介したヴィットリアのツールケースですが、やはりかなりの人気商品となっている様です。(記事アップから時間が経っていますので、既に売り切れかも?)

20131020_tools1

購入後、通りすがりに見知らぬ人にチューブを提供するという事を2回も経験したのですが、ホワイトナイトの様にスマートにチューブを差し出すことができました。

確かに使い勝手が良い。そして、見た目も良い。
僕も大変気に入っています。

続きを読む "目にさしてはいけません" »

2013年10月19日 (土)

本当に雨かぁ?

昨夜から今朝に掛けて降り続いた雨。

今日の自転車は諦めて、録画してあったテレビ番組を消化したり、保存用にCMカットしたり。
そこへ同じく暇を持て余したペダルイ2号さんから「天丼食いに行かない?」とお誘いのメールがあり、「行きます!」
クルマでお迎えに来てもらい、途中できん坊さん夫妻も合流して名古屋市西区浅間町の「呑ひゃら」へ。

20131019_tendon

かき揚げ丼 美味し!
(店舗外観の写真を撮らなかったのは失敗だったな。ややキタナトラン系です)、

続きを読む "本当に雨かぁ?" »

雨かぁ・・・

20131019_weather

この週末は走れそうにありませんね。

日々、少しずつ悪い方に変わって行く天気予報を見ながら
「日曜日はダメか・・・」
「せめて土曜日だけでも」
「土曜日の朝のウチには走れるかな?」
「土曜日の朝は降ったとしても小雨程度で、昼には止んで午後からは走れる?」

続きを読む "雨かぁ・・・" »

2013年10月14日 (月)

美濃の次の日、そしてその次の日

土曜日は夕方から急に風が冷たくなり、日曜日の朝も「涼しい」ではなく「寒い!」という感じ。
気温が上がり始めるまで自宅待機の後に出発。
前日には「起きられたら行く」と言っていたペダルイ2号さんからの連絡は無い。
8時半過ぎに雨沢TTスタート地点へ。
スタート地点手前の交差点で信号待ち。
丁度その時に対向車線でも自転車乗りが信号で止まる。
FRL Ver.2.0を着たBUNさんだ。
なんだか、もう驚かない(^^;
残念ながら門限の都合で「もう1本」という訳にはいかないようだが、「さっき、ペダルイ2号さんも会いましたよ。」とな。
なんだ、やっぱり来ていたのか。BUNさんとはお別れしてペダルイ2号さんを追う!
ペダルイ2号さんのゴール直前で後から刺せれば面白かったのだが、それは叶わず既にゴールして誰かと談笑中。
なんと、ひらさん!
僕のタイムはほぼベストに近い18分53秒

20131014_1853_2

(ペダルイ2号さんを追って頑張ったがPB更新ならず)
ひらさんも約束はしていなかったのですが、気が合いますね。
ひらさんもBUNさんを見かけ、ブログで良く見るペダルイ2号さんご本人、更には僕にも会ってビックリしたそうです。
しばらく話をしていましたが、ひらさんが「今日は凄いタイムが出たんです」と。
なんと、18分39秒!
くぅ、やられた!僕のPB 18分49秒を抜かれた!!
「やられたら、やり返す。」

続きを読む "美濃の次の日、そしてその次の日" »

2013年10月12日 (土)

美濃でミノ?

ペダルイ2号さんのお誘いで、ひとっ走り、ランチを食べに行って来ました。

20131012_01

僕が写っていませんが、こう言う企画では「Gourmet & Cycling」のペダルイ人ジャージを揃って着て行きます。

続きを読む "美濃でミノ?" »

グランフォンド八ヶ岳(6) 記録

後日、GF八ヶ岳のサイトへ行くと、最終的な完走記録がアップされていました。

レースではないにも関わらず計測チップが配布されましたが、タイムと順位が公開されているではありませんか。

スタート時刻とゴール時刻の差による休憩時間を含んでの計測です。

そもそも、景色や「おもてなし」を楽しみながらのんびりサイクリングをしている人が多い中で、「景色などお構いなし、目を三角にしてダウンヒル、ゼイゼイ言いながらヒルクライムして、エイドステーションでの停止を最小限にしてタイムを刻んでいたライダー」がどれほど居たのかは分かりません。

それでも公開されれば気になるもの。

自分のタイムは、手元計算で5時間半程と分かっていますが、順位はどうでしょう?

続きを読む "グランフォンド八ヶ岳(6) 記録" »

2013年10月11日 (金)

グランフォンド八ヶ岳(5) オ・モ・テ・ナ・シ

いやぁ〜、食った、飲んだ。
おもてなしの全容をご紹介!

20131011_00

2013 第5回

続きを読む "グランフォンド八ヶ岳(5) オ・モ・テ・ナ・シ" »

2013年10月10日 (木)

グランフォンド八ヶ岳(4) 登れ、登れ!

公式サイトをご覧頂いていない方に、ここで改めてルートを紹介します。

Route_gf

グランフォンドは全長117km(実施後に108.5kmと訂正されました)
序盤は下って下って、後半は上って上って。
距離を稼ぐ為に中央高速道八ヶ岳IC方面や須玉IC方面へと行ったり来たり。
全体の2/3を緩く下って、残り1/3で上り返す。
上りが長くキツいコースレイアウトになっています。
最大標高差:1027m
獲得標高:2128m

2013 第5回

続きを読む "グランフォンド八ヶ岳(4) 登れ、登れ!" »

2013年10月 9日 (水)

グランフォンド八ヶ岳(3) さぁ、スタート

「グランフォンド八ヶ岳」当日の朝
カーテンの隙間から明るい光が漏れてきます。
スタート時刻がグランフォンドより遅い他の皆さんはまだ寝ています。
リビングのカーテンをそっと開ける。
山の上の方には雲が掛かっていますが、晴天!場所の滞在者?レースではありませんが先頭スタートをするための場所取りの人たちでしょうか?
5時からの会場駐車場オープンに合わせてクルマの音が聞こえてきます。
買っておいたパンとコーヒー・ドリンク、ヨーグルトの朝食を済ませたら、ジャージに着替えて会場の様子を見に外へ。
眩しい!
気持ちいい〜〜!

20131009_01

2013 第5回

続きを読む "グランフォンド八ヶ岳(3) さぁ、スタート" »

2013年10月 8日 (火)

グランフォンド八ヶ岳(2) 清泉寮

20131008_bicycle

ワイルドな昼食を済ませたら、宿のチェックインと大会受付です。

GF八ヶ岳は、清里高原にある清泉寮という施設をスタート/ゴールで行われます。

この施設は清里のリゾート宿泊施設

で、ホテル、コテージ、牧場などがあります。

大会受付の建物でゼッケン、参加賞、プログラム、チラシなどを受け取りました。

中身は後で宿についてから確認しましょう。

1分も掛からない受付の為に、いちいち靴を脱ぎ、脱いだ靴を配布した袋に入れさせる動線は次回要改善ですね。

これで2000枚の袋がゴミになりました。参加者の動線に養生シートを敷けば良いだけです。

2013 第5回

続きを読む "グランフォンド八ヶ岳(2) 清泉寮" »

2013年10月 7日 (月)

グランフォンド八ヶ岳(1) いざ、八ヶ岳へ

纏まったレポートにする文章力も時間もないのですが、前日入りの移動や宿泊の様子も含めて、少しずつアップしたいと思いますのでお付き合い下さい。

20131007_title

●GF八ヶ岳ってどんなイベント?

公式サイト http://gf-yatsugatake.jp/index.shtml

グランフォンド八ヶ岳は今回で第5回だそうです。

八ヶ岳を望む清里という場所は首都圏からのアクセスも良く、興味や体力に応じた3コースから選べます。

・グランフォンド :117km

・メディオフォンド:74km

・グルメフォンド :エリア周遊

参加定員は3コース合計で3,000名

まだ歴史が浅いイベントなので、コースは毎回少しずつ見直しがされている様です。

どのコースも時間的余裕はたっぷりあります。エイドステーションも多いです。(大過ぎ?)

上りに自信が無い人でも、キツイ上り坂だけは自転車を降りて押し歩き、ゆっくり休憩しながらでも完走を目指せそうです。

僕は我儘を言って「グランフォンド」にさせてもらいました。

他の皆さんは「メディオフォンド」を選ばれたので、一緒に現地入りしてもスタート時間もコースも違います。

それでも、折角お金と時間と体力を使ってはるか山梨まで行くのですから、清里界隈をたっぷり走って楽しみ(苦しみ)たかったのです。

2013 第5回

続きを読む "グランフォンド八ヶ岳(1) いざ、八ヶ岳へ" »

2013年10月 6日 (日)

グランフォンド八ヶ岳 行ってきました(報告)

グランフォンド八ヶ岳 行ってきましたよ♪

天気にも恵まれて 気持ちよかった~♪^^

ただ 帰ってきてすぐに睡魔に襲われてブログが書けませぬ^^;

レポ記事は追ってまた・・・

・・・八ヶ岳の上の方は見えませんでしたが・・・

やっぱグランフォンド八ヶ岳は イイ♪!! 

グランフォンド八ヶ岳の雰囲気だけ味わえるよう 写真を張っておきますね^^

20131006_gfy

(クリックしても拡大しません)

応援よろしくです


2013 第5回

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »