フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 帰省サイクリング 東京 荒川サイクリングロード | トップページ | 多治見 中華そばライド 2nd »

2013年5月 8日 (水)

帰省先でのロングライド

帰省先でのサイクリングは、
・移動日早朝の荒川サイクリングロード
・実家滞在中の新川・印旛沼、花見川、成田方面
とパターンが決まってきて少々飽きが・・・

そこで、今回の帰省では今まで自転車で走ったことのないルートにチャレンジしてきました。

房総半島の内房を自走で行って帰ってくる。
東側(太平洋岸)を外房、西側(東京湾側)を内房と呼びます。

愛知県には知多半島、渥美半島というふたつの半島がありますが、
房総半島はそれらより長く広いので、日帰りで半島一周などは無理です。

実家から千葉県の最南端まで行くと往復で200kmを越えます。
両親が心配しないように、早朝出発や暗くなるまで走るということは自重しました。
8時出発し、内房側の国道を走って南下。正午に昼食をとったらそこで引き返し、17時までには帰ってくる。
どれだけ南下出来るのかをテーマにしたので、景色優先の海岸沿いは避けて国道中心に走ります。
国道16号、357号、127号
交通量の多い国道を自転車で走るのを嫌う人は考えられないルートでしょうね。

ということで、国道16号線で千葉市の中心部を目指します。
祝日なので、普段は交通量の多い国道もそれほど走りにくくはない。
201300508_tateyama01
県庁近くにある千葉城の写真だけ撮ったらR357へ出ます。
201300508_tateyama02
ジェフ千葉のホームグラウンドを右手に見て
201300508_tateyama03
そのままR16になって木更津方面へ。
201300508_tateyama04

201300508_tateyama05
201300508_tateyama06
工業地帯を一直線に。
ジャンキーストレートが3本繋がったような道。
各工場入口が信号付き交差点になっているので、ストップ&ゴーがチョットストレス。
でも、信号がないと休む場所がない。
201300508_tateyama07
R127になると片側1車線ののどかな道路に変わってきます。
GWの房総半島と言えば、マザー牧場
201300508_tateyama08
海!
201300508_tateyama09
そして鋸山ロープウェイ駐車場への渋滞
でも、自転車はスイスイ
201300508_tateyama10
鋸南町へ抜ける洞門の手前に・・・
201300508_tateyama11
有名な喫茶店「岬」があります。
201300508_tateyama12
イギリスBBC制作のハチャメチャなクルマ番組TopGearが数年前に日本でロケを行い、公共交通機関と日産GT-Rで日本縦断をしたらどちらが速いか?を実験した際、この坂の先にあるゴール地点までジェレミーが駆け上がって行きました。
201300508_tateyama13
いいねぇ。
201300508_tateyama14
そして、お昼になり、ここ館山駅をゴールとしました。
思ったよりも遠くまで来ることができましたね。
201300508_tateyama15
そのまま海岸線に出る。
知多半島とは雰囲気が違いますね。

帰りもほぼ同じルートで無事に帰宅しました。

201300508_tateyama00

往復210km
ほぼ50km毎にコンビニに寄って補給と休憩をとりました。
グロス(信号待ちや休憩時間を含む)で8時間10分くらい
ネットでは7時間18分
平均時速が28.6km/hでした。
かなり速いペースで200kmを走ることができました。
晴天、微風、そして高低差の少ないコース
条件にも恵まれましたが、脚が最後まで良く回り、遠乗りを堪能できました。
時間が許せば、房総半島最南端の野島崎灯台まで行きたかったな。

« 帰省サイクリング 東京 荒川サイクリングロード | トップページ | 多治見 中華そばライド 2nd »

コメント

ロングお疲れ様でした(^ ^)
…ってか速っ! 210kmを休憩含んで8時間?!
アベ28.6km/hですかっ!?
僕はロングの時はせいぜい20キロですよ(笑)
房総半島もロケーションの良いいいトコですね〜♪(^-^)

>スーパーhiroちゃん
我がふるさと千葉県ですが
(Wikipedeiaより)
> 千葉県(ちばけん)は、日本の関東地方の南東側、
> 東京都の東方に位置する県。
> 房総半島と関東平野の南部にまたがる。
> 県庁所在地は千葉市。
> 平野と丘陵が県土の大半を占め、
> 海抜500m以上の山地がない日本で唯一の都道府県である。
> 地勢上、広大な可住地と長大な海岸線を持つ。

どうです?FLAT ROAD LOVERS向きの県でしょ?

今回の帰省ロングライドは、目先を変えた新ルートでのサイクリングというのが一番の目的ですが、いよいよ迫ってきたSuzukaのAttack120へのトレーニングでもあります。
時間縛りでどこまで遠くへ行けるか?
Attack120よりもEnduro的ではありますが、とにかく速く走る!
本当は新舞子のジャンキーストレートをグルグルグルグルと回るのが良いのでしょうけれど、同じ所を回り続けるのは精神的にキツイですからね。
今回は往復とも弱い追い風に助けられた区間があり、思った以上にハイペースで走れました。
また、復路終盤でも40km/h以上で走れたりもして、良い感じです。

先日、BS JAPANの「空から日本を見てみよう+」でちょうど房総半島が取り上げられていました。
視たら南端の野島崎、あるいは外房波乗り道路を走りたくなりました。
富津までトランポで、房総半島を横断して鴨川へでる南房総一周などもいいなぁ・・・
次の帰省が楽しみになりました。

館山まで往復ですか、参りました。(笑)
木更津すぎての海沿いの道は狭くてトンネルも多く、たいへんだったのでは?
私にはとても走れませんよ。(^^;

>itaさん
鋸南の洞門トンネルは、クルマより速く走れば大丈夫です。(^_^)v

>>クルマより速く走れば

それができれば苦労しないっス。(笑)

>itaさん
「クルマより速く走る」
チョットばかりカッコ良く書いちゃいましたが、鋸南町に入る辺りから交通量が減り、道は蛇行し、ドライバーもスピードを落とします。
トンネルは短いものばかりなので、タイミングを計って入ればストレスなく走れました。
ただ、歩道がないので歩行者は大変そうでしたね。

ただ、スピプロだといくら平地基調とはいえ、往復200kmは難しいかなぁ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰省サイクリング 東京 荒川サイクリングロード | トップページ | 多治見 中華そばライド 2nd »