フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 伊吹山ヒルクライム 速報 | トップページ | 伊吹山ヒルクライム(2) »

2013年4月15日 (月)

伊吹山ヒルクライム(1)

前日土曜日はホームパーティに招かれて、飲むわ食うわ。
帰ってきてから荷造りをするという体たらく。
ヒルクライムイベントに関しては毎度事前の準備に真剣さが足りません。
それでも3時半には起きて身支度を整え、4時半過ぎにはホンダーバード1号(PRELUDE)にPARISとバッグを詰め込んでペダルい2号さん邸へ。
ホンダーバード2号(ELYSION)に乗り換えたら名古屋市内を巡回し、きん坊さん、山さん、かっちゃん、スーパーhiroちゃんをピックアップ。
6名6台を載せたELYSIONで会場へ向かいます。
途中、カネコくんのホンダーバード4号(HR-V)と合流。
会場付近の道路は様々な方向から集まる参加者のクルマで大渋滞。
ようやく駐車場にクルマを収め、トイレへダッシュ!受付を済ませ、着替え、下山用荷物を預け、待機場所へ移動。

20130415_ibuki01
伊吹山スカイラインと集合・受付場所は少々離れているので、プログラムに従ってクラスごとに順番にリエゾン区間を自走して伊吹山スカイラインの料金所まで移動します。

今回はKeTAさんと一緒にカテゴリーFの2列目でスタンバイ。
速い人は遅い人を抜くのにロスをしたくないため、速い人が前の方からスタートするだろう。
その人達と一緒にスタートして少しでも食らいついて行けば、引っ張られてタイムアップ出来るかもしれない。
そんな思惑があってのスタート位置取りです。

料金所手前、グループE最終グループの後ろでスタンバイ。
そのグループE最後尾でスタートを待つライダーが立ちごけした様子。
ヨロヨロと立ち上がった後ろ姿は・・・スーパーhiroちゃん!
何やってんの?(笑)
20130415_ibuki02_2

グループEのスタートからは3分程度のインターバルがありました。
ヨシッ、先ずはスーパーhiroちゃんに追いつくこと。
グループEの選手をどれだけ抜けるか?
グループFの速い選手にどれだけついていけるか?

20130415_ibuki03
さぁ、いよいよグループFのスタート!
富士や乗鞍と違い、伊吹山はスタート直後から斜度がきつく、いきなり実力を試されます。
う~、カラダが重い(T-T)
早々にフロントを3枚目に入れてシャカシャカと漕いでいきますが、どんどん追いぬかれて行きます。
速い人に引っ張ってもらう作戦でしたが、この作戦は自分に食らいついて行くチカラがあった場合に有効。
スタート早々に一緒に走りだした人たちははるか前方へ先行し、後からスタートした速い人たちに抜かれるばかり。
同じカテゴリーということは同年代ということなのに、全然敵わないなぁ・・・
速い人は年代を問わずいるものです。

漸くスーパーhiroちゃんの姿を捉えることができました。
20130415_ibuki04
去年のゴール地点だった駐車場の手前のヘアピンで追いつく。

暫し並走し、言葉を交わす。
すると、スタートの立ちゴケでカメラが壊れたとの事(^^;
ブロガーとしてあってはならない事ですねぇ。

ここから先は未知のコースになります。
少し斜度が少なくなったところで勢いをつける。
ヒルクライムは楽になって来たらそこで加速しなくてはタイムを稼げない。
ここでスーパーhiroちゃんとはお別れです。

つづく

« 伊吹山ヒルクライム 速報 | トップページ | 伊吹山ヒルクライム(2) »

コメント

まいど、なに!hiroちゃん立ちゴケしてカメラを壊していたの。助手席に座っていたのに一言も言わなかったよ。
ブログネタはバラせないのかな?

ぐはは ペダルイ2号さんにも言いたくてウズウズしてたんですが ブログ見て分かった方がウケルかなと思って言うの我慢してました(笑)
立ちゴケの詳細もブログでアップしますね、乞うご期待(笑)
しっかしtAkEdAさんって速いですわ!合流のあと先を進めるtAkEdAさんにしばらく着いて行こうと頑張ってみたんですが もう全然ダメでした 速攻で千切られましたよ^^;
なんであの状態からまだペースアップができるのか・・・凄いです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊吹山ヒルクライム 速報 | トップページ | 伊吹山ヒルクライム(2) »