フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 長浜グルメライド #2 | トップページ | バージョンアップ、カラーチェンジ »

2012年7月17日 (火)

内部構造

スピプロが退院してきてから数週間が経ちました。
週末の雨、ロードバイク前提の長距離イベントなどがあって、スピプロのリハビリがなかなか進みません。
それでも、知多市の新舞子までの60kmオーバーを2度走ってきましたよ。

オーバーホール、あるいは交換してもらった回転軸系の3箇所
フロントハブ:Pantour エラストマーによるサスペンション内臓ハブ
リアハブ:SRAM Dual Drive 内装3段+外装8段ギア付
BB:純正サイズで新品に交換

いずれもグルグルと気持ち良〜く回ります。
回転系のストレスがないと走っていても気持ち良いですね。

フロントのサスペンションはエラストマーが硬め。
従って静止状態で少々力を加えた程度ではMTBの様なストロークはしませんが、クッション性の高いバーテープを厚めに巻いてもらった事も合わせ、ハンドルに伝わる荒れた路面の振動がかなり抑えられた印象です。

メンテナンスのノウハウがネット上でもほとんど見当たらず、知識も道具もない僕には開けられない、開けてはならない特殊装備の前後ハブ。
今回、メンテナンスをしていただいたショップで分解時の写真を数点撮影されていました。
お願いしてその写真を頂いてきましたので見ていただこうと思います。

いずれもメンテナンス前の、汚れ、潰れ、サビた状態のお見苦しい写真ばかりですが、ご参考まで。

20120717_hub1

20120717_hub2

20120717_hub3

20120717_hub4


« 長浜グルメライド #2 | トップページ | バージョンアップ、カラーチェンジ »

コメント

まいど、メカ好きな私としては、なんだかそそられる写真ですね。

ワタクシ設備メンテの仕事をしておりますが
写真で見ただけでもかなりヒドイですね(笑)
まっそれだけ走り込んだ男の勲章です!!

>ペダルイ2号さん
フロントのハブサスの構造は実はかなり単純。
でも、部材がないと手が出せない。
リアの内装変速ハブはワケ分からんなぞの構造。
仕組みが分からなければ手が出せない。
いずれにせよ、僕の手には負えません。
次のメンテナンスも人力車さんにお願いすることになるでしょう。
(その時にはもう少し短納期になると思います)


>BUNさん
いや、お恥ずかしい限りです。
もっと簡単に手を付けられる部品ならここまで酷くはしなかったと思うのですが・・・

今はすっかりリフレッシュされましたので、勲章をもっと貰える様に再び走り回りますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長浜グルメライド #2 | トップページ | バージョンアップ、カラーチェンジ »