フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 三河湾一周 #1 | トップページ | 長浜グルメライド #1 »

2012年7月11日 (水)

三河湾一周 #2

さぁ、いよいよ渥美半島に入ります。

豊橋鉄道渥美線を老津駅手前で渡り、県道411号線を経由して国道42号線に向かいます。
20120708_mikawawan10
渥美半島ぐる輪サイクリングでの名所「蔵王山」をはるか右に見て(今回は上りません)

信号も少なくて見通しの良い道路に入り、つむじ風さんの牽きが更に強くなって来ます。
マジですか!?
レースイベントではないフラットなコースのサイクリングで「頑張ってついて行く」というのは今までにないパターンです。
この剛脚の大先輩は一体・・・
何だかワクワクしてきました。

次のチェックポイントは、昼食をとる予定の「あの」有名店。
後続が切れるのも構わず風を切って先行する先輩の背後で、前後に申し訳なく思いつつもついて行きます。
ペースを上げる先輩は、食らいつく僕を意識して楽しんでおられるご様子。
「先に行って、席を取っておくよ」といった感じでどんどん先行します。
モリオカさんも頑張って追走。

20120708_mikawawan12
地元の人気店でもあり、サイクリストやサーファー御用達の有名店でもある「大松屋食堂
去年の「ぐる輪」で初めて訪れた店です。

ここで食すのは当然「天丼」
20120708_mikawawan11
これでも並です。
天ぷらは頑張って完食するも、小食なのでご飯は半分残す。(お百姓さん、ゴメンナサイ)

他のメンバーは暑さにやられて食欲がなかったり、頑張って食べたもののダメージが後半の走りに影響したり(^^;

さぁ、この先の赤羽根からは国道ではなく、「ぐる輪」同様に海沿いのサイクリングコースを走ります。
20120708_mikawawan13
青い海、青い空
ペンギンの様に波間に漂うサーファー
有名なサーフポイントですが、今日は大人しい波ですね。

20120708_mikawawan14
このあたりはコース幅が狭く、砂が浮いている場所や車輛侵入を阻むポールがあったりするのでのんびりと。

20120708_mikawawan15
気持ちイイ〜〜!


この後、一旦海沿いのサイクリングコースが途切れて国道に復帰しますが、向かい風が強くなって来ました。
国道では僕が前を引いて(後続との間隔が開かない様に調整しようかなと)走り出す。
その時、ソロのライダーがグイグイと力強く漕いで僕らを抜いて行く。
「ヨシッ、アイツに牽かせよう(笑)」と言ってつむじ風さんが反応。僕も続く。
通りすがりの機関車に便乗して楽をさせてもらう。

う〜ん?
(機関車が息切れ?)
(ただ乗りさせて貰っていて失礼だけど、期待したより少々遅いかも)
(向かい風だけど、前に出ようかな?)

つむじ風さんも思う事は同じだった様で、腰を上げて右へでる。
僕もそれに合わせ、更にスピードを上げてつむじ風さんの前へ。
本来なら国道をしばらく走ったところで再び海沿いのサイクリングコースに復帰するところですが、「どうします?」「このまま伊良湖まで行っちまおう!」と。
向かい風に抗ってガシガシと漕ぐのはトルク型の僕としてはキツいのだけれど、それはそれで面白い。
背後からつむじ風さんのプレッシャーを受けて、どこまで頑張れるかな?
35km/hでグイグイ、徐々に疲れて来ますがそれでも30km/h以上を維持してガシガシ。
「うぉぉぉ!!!もう、これまで!」と伊良湖ビューホテル手前にある駐車場へ走り込む。
ここは海沿いのコースの終点でもあるので、おそらくは海沿いを走ってくる後続とも合流できます。
水分補給、更には頭から水を被ってクールダウン。

砂浜では家族連れがスイカ割り

あぁ〜、夏の景色

やがて後続も合流
20120708_mikawawan17

C0116902_1262392
いっこくもんさん撮影の集合写真

さぁ、もう少しでフェリー乗り場です。
20120708_mikawawan18

20120708_mikawawan19
少し上って

20120708_mikawawan20
お約束の「恋路ヶ浜」を見下ろすビューポイントを経て、フェリー乗り場のある「道の駅 伊良湖クリスタルポルト」に到着。
14時発の師崎行きには余裕で間に合いました。

先ずは輪行の準備です。(僕以外は)
先週の「高山 キッチン飛騨」ツアーの時に鎌ちゃんから借りた輪行バッグがまだ自宅にありました。
でも、輪行バッグって嵩張るし、重いし、荷造り/荷解きが面倒です。
電車で帰るのなら輪行バッグは必須だけれど、フェリーなら自転車の料金を払えばそのまま載せてくれる。
自転車を輪行バッグで手荷物にすると1,330円
そのままフェリーに載せると1,900円
ここは「大人の解決方法」を選びます。
差額の570円なんて安いものです。(←お金が貯まらない人の考え方)

皆さんの荷造りが終わったので、チケットを買ったら出航まで一休み。
本当はかき氷が食べたかったのですが、扱っていないのでコイツで妥協。
20120708_mikawawan21

観光客やフェリー待ちの人達で賑わう道の駅
軽食コーナーの券売機にも人の列が・・・
「え?何でココに居るの?」
何と、ののむりせんせ、奥様の みちさんが並んでいるではありませんか!
声を掛けたら向こうもビックリ。そりゃそうでしょ、こんなところで偶然出会うなんて。
今回はご夫婦でドライブでぇとheartだそうで、同じ便のフェリーに乗るそうです。

20120708_mikawawan22
さぁ、乗船時刻が迫って来ました。

20120708_mikawawan23
壁に立てかけて、ロープで固定してもらいます。

三河湾内は穏やかで気持ちの良いクルーズです。
20120708_mikawawan24
フェリーの後を釣り船が追いかけて来て後方へ回り込む。
このアングル、尖閣諸島中国漁船衝突事件を思い出す。
「まさか、体当たりして来ないよな?」(^^;

伊良湖に到着してからフェリーを待ち、フェリーに乗り、知多半島先端師崎港に着くまででたっぷり休憩を取りました。
師崎から名古屋までは何度も走っている道。
しかも、今日は珍しく追い風です。
師崎では僕らのこのツアーを知ったkumaさん、さらに○田さんといった方々も合流し、名古屋へ向かいます。
20120708_mikawawan25
豊浜からは僕が先頭。
追い風を味方に、かな〜り気持ち良くハイスピードクルージング。
(後続の皆さんもついて来てる?大丈夫?)
まぁ、このコースは皆さんマイペースで走って来られるでしょう。
滅多にない名古屋への戻りでの追い風を楽しんで新舞子マリンパークへ。
最後の休憩の後、ジャンキーストレートでひともがき。
ここでのつむじ風さんは、先行するモリオカさんや僕を風よけにし、僕が疲れて来たタイミングで右に出てスパーンと加速する。
本当に凄い方です。
つむじ風さんのDOGMA 60.1と僕のPARIS 50-1.5 バイクの性能差以上の圧倒的なライダーのチカラの差を感じました。
悔しいなぁ、でも、今回ご一緒できて良かったなぁ。

名和北からは流れ解散です。
天白川沿いを走って帰ります。

あぁ、今日も楽しい1日を過ごせました。
いっこくもんさんに誘って頂いて良かった。
岡崎から豊橋に掛けての土地勘がないので、ひとりではなかなか踏み切れなかった「三河湾一周」を思いがけず走ることができました。
ありがとうございました。
(つむじ風さん以外に牽き役が増えて、牽かれる側は大変だったかもしれませんが)

お疲れさまでした。

« 三河湾一周 #1 | トップページ | 長浜グルメライド #1 »

コメント

 久しぶりに刺激的なライドで、とても楽しくて思い出いっぱいです。
 田原町から伊良湖までは後姿さえ見えず、どこまで飛んでいっちゃったのかと思いました。
 今回は暑さ対策などまったく考えずいたので、途中からヘロへロになってしまい、後に付く事さえ出来ずませんでした・・・残念

 又の機会を楽しみにしています。
どうも有難うございました。

>いっこくもんさん
今回、誘って頂いて良かったです。
途中、勝手をさせてもらってはしゃいじゃいました。

暑さで補給が出来ない程だったとは知らず、ハイペースの牽きで申し訳なかったです。
一言言ってもらえたら、パワーバージェルのストックがあったのに。

また、次もよろしくお願いします。

大将からきいてきました
高山はおもしろそうですね美濃までデポするならこんなコースもいいですよ
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c4670c1ea0fac53a2a7f162edba8e360
数年前このコース+平湯まで走り一泊して
乗鞍登って帰ってくるというのを走りました。

機会があればまたご一緒したいです

>つむじ風さん
お越しいただき、ありがとうございます。
ご紹介頂いたコース
細かく蛇行しているので、さぞや激坂のつづら折れかと思いきや、ダム湖沿いのフラットなところを含めて比較的緩やかな上りが続く。
谷間を縫って走って行くと次々と景色が開けてくる感じでしょうか?
面白そうですね。
で、更に平湯、乗鞍ですか。
凄いなぁ。。。

三河湾一周ではほぼフラットでしたが、上りでもスゴイ走りをされるのでしょうね。
ついて行ける様に鍛えておきたいと思いますので、是非またご一緒させて下さい。

うおお! つむじ風さん 凄すぎるっ! 
tAkEdAさん ものすごい方と一緒に走られたのですね^^
しかしその剛脚さんにしっかりついていけるtAkEdAさんって・・・やっぱ凄いや♪
きっと つむじ風さんも ついてくるtAkEdAさんを頼もしく思い 楽しかったに違いありませんね♪

天丼は これでも並なんですか(笑)  こりゃあ大盛りだと恐ろしいですね^^; でもウマそう♪ 
ボリュームたっぷりでお得感もすごいですね
僕も一度チャレンジしてみようかな・・・大盛り(笑) 

>スーパーhiroちゃん
つむじ風さんのblogを教えて頂きまして、
http://blogs.yahoo.co.jp/tumuzikazze
「コリャ敵わん」と(^^;

大松屋の天丼はブロガー魂を刺激しますが、あくまでもネタということで。
量より質を追求されるのなら、どんぶり街道の他の参加店を巡る方が吉です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三河湾一周 #1 | トップページ | 長浜グルメライド #1 »