フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 退院祝い | トップページ | 梅雨明け後の週末 #2 »

2012年7月23日 (月)

梅雨明け後の週末 #1

梅雨が明けた7月後半の週末
週間予報でチェックしていた時には土曜日が40%、日曜日が20%程度。
日曜日はまず大丈夫そうで、上手く行けば土曜日も雨は降らないのでは?
そんな期待が残念な結果に。

土曜日
曇っているがそれほど空の重さを感じない。
「湿度の高さはあるが、気温は低め。これなら熱ダレも少ないだろう」とスピプロで二之瀬方面へ。
スピプロリハビリの一環で山登りを試してみたかった。
今シーズンは前年比1分遅れで行き詰まっているロードバイクでの二之瀬TT不調の原因をスピプロとの比較からヒントが得られるかも?
ただ、夏のヒルクライムは坂のきつさよりも気温・湿度の高さが最大の敵。
今日なら比較的走りやすいのでは?と。
午後には降水確率も30%に下がる回復傾向です。
行ってしまえば、帰りは大丈夫でしょう。

7時過ぎに自宅を出発。
スピプロのアップライトなポジションをカラダが思い出してきました。
名古屋市内を順調に抜けてあま市へ。
しか~し、ここでサングラスに水滴が・・・
一過性のものだろうと構わず走り続けますが、徐々に水滴が増えてきた。
距離にして25kmほど走ったところです。
路面を濡らすほどではありませんが、二之瀬山頂まではまだ半分。
悩んでいるうちに小雨になって来ました。
もう無理。
踵を返し、全力で名古屋へ戻ります。

西から迫る雨雲と競争です。
路面に水がたまるほどではありませんが、ウェアがしっとりと濡れてくる。
名古屋市内に入り、明道町からは名古屋高速の高架下を走って少し雨をしのげます。
先日は強い日差しを避けてくれた高架ですが、今回は雨除け。
その後は高架下から外れて自宅までの8km程を頑張って走りきり、無事に帰宅。
スピプロの濡れや汚れは雑巾で拭く程度で十分。
転進の判断がもう少し遅れていたら、カラダも自転車もずぶ濡れになったかもしれません。
結果的にはスピプロでの50kmの平地走行(復路は高速巡航)となりました。

雨は夕方になって漸く止みました。
翌日の降水確率は20%ですが、大丈夫?

« 退院祝い | トップページ | 梅雨明け後の週末 #2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 退院祝い | トップページ | 梅雨明け後の週末 #2 »