フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« Suzuka 4h Enduro(速報) | トップページ | Suzuka 4h Enduro(2) »

2011年11月 7日 (月)

Suzuka 4h Enduro(1)

改めて 11/5(土)、6(日)に三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催された「Suzuka 8h Enduro」への参加レポートを。
イベントタイトルとなっている8時間耐久レース以外にも3時間、4時間、6時間。
個人戦、チーム戦。ロードバイク、その他のバイク。といった幾つかのレースカテゴリーが2日間に渡って行われます。
僕は、6日に8時間耐久と同時開催(混走)された4時間耐久レースにペダルイAチームの一員として参加しました。
ペダルイ 5名×2チーム、愛地建コン4名×1チーム 14名の大所帯です。
20111106_suzuka


天気
自転車に限らず、アウトドアイベントは天気次第。
このイベントは春と秋に開催されます。
僕は今年の春はエントリーしたものの当日の豪雨でDNSしています。
「秋こそは!」との思いも虚しく、6日が近づくにしたがって週間天気予報は悪い方向へ。
降水確率60%(T-T)
それでも幹事ペダルい2号さんの前日の「参加!」の宣言で皆の気持ちは固まりました(多分・・・)


トランスポーター
ペダルイ10名の自転車はレンタカーのハイエースで運び、ライダーはエリシオンで移動します。
その為、前日の土曜日にレンタカーを借りてメンバーの愛車を回収です。
トヨタレンタカーで借りたのですが、僕が新幹線出張用に持っているTS CUBIC CARD(ゴールド・コーポレートカード)を持っているので20%引きになるのは嬉しいですね。
僕のカードで支払って割り勘です。
20111107_suzuka1


パドックの場所取り
総勢14名の大所帯が半日を過ごす基地とも言えるパドックはチーム毎にピット番号は決まっていますが、ピット内での陣取り合戦は早い者勝ちです。
そこで参加者達は夜中に現地入りし(駐車場は0時オープン)、5時のピットオープンに備えて長い列を作ります。
ハイエースのドライバーでもある僕を含む2名が場所取りの任を受けて先発します。
今回は「雨予報で競争率も少しは下がる?」少し楽観視して4時過ぎに現地入り。
おぉ!既に大勢が並んでいます。出遅れたか?
20111107_suzuka2
傘をさすほどではないけれどポツポツ降る雨の中を待ちます。
そしてピットオープン。各々が事前に指定されたピットへ向けて駆け出します。
我々2名の先発隊もそれに倣って指定ピットを探して場所取りへ。
段取りの悪い場所取り初心者はブルーシートを持ってきていません。
代わりにビニール紐とガムテープで囲ったエリアを必死で守り、本隊の到着を待ちます。


試走
本隊が到着し、持ってきてもらったブルーシートや折りたたみテーブル、チェアによって陣地をしっかり確保したころには試走の時間になりました。
20111107_suzuka3
慌ててサイクルジャージに着替え、いよいよサーキットデビューです。
このイベントではクルマやバイクのレースとは異なり、反時計回りで走ります。
雨はほとんど降っていませんが、路面はウエット。
排水性の良い舗装で川になっているようなところは有りませんが、慎重に慎重に走って行きます。


作戦会議
チーム内での走行順や1セッションあたりの周回数、ピットでの交代作業の段取り確認などを行いますが、そこで第1走者を指名されました。
「えぇ~!初参加、ウエットな路面に加えてオープニングラップの混乱も懸念されるのにぃ~!!」
我々チームメンバーだと平均で1周を12分と考えて、「12分×2周×5名×2セッションで4時間」が最低限の目標。
実際には10分、11分台で走ることで21,22周が現実的なところかな?


いざスタート
グランドスタンド前の本線上、8時間耐久出場者が前方に、4時間耐久出場者が後方に、第1走者達がそれぞれ大きな塊となってスタートを待ちます。
お、FLAT ROAD LOVERS Ver.1.0ジャージを発見!
20111107_suzuka4
8:00 8時間耐久スタート
そして、8:03 4時間耐久がスタートです!


to be continue

« Suzuka 4h Enduro(速報) | トップページ | Suzuka 4h Enduro(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Suzuka 4h Enduro(速報) | トップページ | Suzuka 4h Enduro(2) »