フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 冬が来る前に | トップページ | 帰省のツケ(後編) »

2011年10月30日 (日)

帰省のツケ(前編)

先週末、帰省先で自転車に乗らずに食って飲んで寝ての生活。
帰りに持たされた食料、食材。
古くならない内にと食べた結果が大幅な体重、体脂肪増加となってしまいました。
こうもハッキリと数字になって表れると、言い訳も何も出来ません。

このままでは来月6日に迫ったSuzuka Enduro 4時間耐久で惨めな姿をさらす事に・・・

10月29日 日曜日 朝
Suzukaまであと1週間ある。
少しでもカラダを絞ろう。
LSDだ。
この週末は長距離を走ろう!
できれば有酸素運動と無酸素運動を取り混ぜて軽量化と筋力アップを狙いたい。
今日は何処を走ろうか?
距離を稼ぐには知多一の140kmを越えたい。
となると、岐阜、長野方面まで足を延ばして・・・
ふと、帰省の往路にクルマで走った国道153号が頭を過る。

紅葉の気配を確認しに、奥矢作、根羽方面へ行ってみよう。
そうすれば160km、センチュリーライドになる。
そう思って家を出たのはこの季節に遠出をするには少し遅い7:30でしたが、脂肪燃焼を目的とした有酸素運動のLSDですから、あまりシャカリキに漕がずに走ります。
というか、カラダが重い、足が回らない。
全然スピードが出ません。出せません。(T-T)

もうすぐ11月だというのに、土曜日のこの日はとても穏やか。
上は長袖コンプレッションアンダーに薄手の長袖ジャージ、下はコンプレッションビブショーツに、コンプレッションレッグスリーブ。
ただし、先日購入したフルフィンガーグローブとトゥウォーマーを早く使ってみたくて初の実戦投入です。
朝7:30とはいえ、まだひんやりする空気。
手足には全く寒さを感じません。
かと言って不快な暑さや汗をかくと言う事もなく。
むしろ、今回は復路でその真価を発揮する事に。

矢作川沿いはのんびりペースにふさわしい県道355号
笹戸を過ぎ、寿楽荘の先では四季桜が咲いていました。
20111029_shikizakura2

20111029_flowers
紅葉の気配を探しに来たのに、道ばたにはきれいな花がたくさん咲いています。

そして、小渡のサークルKはローディーで賑わっていました。
先週末は天気が悪かったので、今日走る方が多い様です。
KOGUMA Racingの団体さんがいらっしゃいました。
Racingっていうくらいですからね、きっと練習でも速いんでしょう。
漢字で書くと「漕ぐ魔」Racingであるに違いない。

小渡から奥矢作湖へ。
丁度先行する速そうな方がいたのでついてゆく。
序盤はペースを押さえていた様で、「先行逃げ切れない型」の僕としては先に行かせて頂きましたが、途中であっさり抜かれて見えなくなってしまいました(^^;
20111029_yahagi1
矢作ダム 水量調査

20111029_takimibashi
滝見橋から見下ろして見える木は滝のしぶきで気温が低いせいでしょうか?
色づき始めている様です。

20111029_kodako
小田子(「こだこ」って読むんだって)の端から見た矢作川のせせらぎは、エメラルドグリーンの美しさ。

20111029_kurumi
農家の前にはクルミが干してありました。

岐阜・愛知県道20号線から国道153号線に復帰してしばらく走れば、そこは長野県根羽村。
当初の予定での折り返し地点です。
でも、ここで折り返しませんでした。
根羽村での折り返し、往復160km程度ではあの体重・体脂肪を減らすには足りない。
やっぱり茶臼山登頂の200kmが必要だ!と。

8月に茶臼山高原道路経由で初登頂していたことで、他のルートからの登頂に興味があったとはいえ、カラダが重く、足が回らない状態で未知の根羽村役場経由ルートでの茶臼山登頂チャレンジ。
自転車に乗り始めて以来、こんなに苦しい経験はありませんでした。

長くなりましたので、続きの
20111029_kokoro
は後日。

« 冬が来る前に | トップページ | 帰省のツケ(後編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬が来る前に | トップページ | 帰省のツケ(後編) »