フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 春ライド | トップページ | 醒ケ井サイクリング »

2011年4月12日 (火)

オーバードライブ

初のロードバイクであるPINARELLO PARIS 50-1.5
納車後4ヶほどが経過し、真冬の納車だったので、温暖でフラットな知多半島を中心に3,000km以上を走りました。
そのために、石橋を叩く仕様である52-39-30Tのフロント3段(ノーマルクランク+想定外激坂対応用)はアウター以外の出番はありません。
それどころかリアカセットの12-25Tも12-13-14-15-16-17-19-21-23-25のうち19T以下しか使わないのです。
「オーバードライブ感こそロードバイクの醍醐味」とばかりに、重いギアをグングン踏んでいます。
少々の上りもそのままグイグイと登ってしまいます。
膝を痛めるかもしれませんが、これが気持ちイイのです。

ケイデンスを高めてシャカシャカと回すのは性に合わない。
というか、ケイデンスのレッドゾーンが100rpmである今の僕には出来ないのです。

軽くて精度が高いバイクに乗っているために、容易にスピードが出てしまいます。
90rpmを超えたあたりで、漕いでも進まない、足が空回りしている不安感が出始める。
足の回転のオーバーレブへの警戒感が出てくる。
不安感を抑えるために手応え(足応え)を得られるギアに上げる。
そのギア比ですら容易に受け入れてしまうバイク性能。

出過ぎたスピードを抑えるために、回すのが少々辛いくらいのギアに上げる。
そうすることでブレーキを掛けずに速度を抑えることができるということをカラダが学んだのだ。
これは悪循環だろうか?
オーバードライブ(Dual Driveの高速用ギア)でロードバイクに食い下がって走っていたスピプロ乗りの悪い癖なのか?

だから、スピードを出す時は、回転を上げるよりもギアを上げる。
ジャンキーストレートを走って感じるのは、
「ギアが足りねぇ!」
「でも、このギアではこれ以上高速に回せない!」
「11Tが欲しい!」

もちろん、そんなヘビーなギアで走りきれる筈もなく、最後には失速するのですけれど。
ピストバイクみたいですね。

これからは暖かく、暑くなってくるとともに山方面へ向かうことになってくるでしょう。
流石に二之瀬TTではフロントを1段落とし、リアも25Tまでフルに使わないと登れません。
上りでのスピードアップを目指すには、このままトルク重視で押し切るのか?
早めのギアダウンと高ケイデンスという走りを身につけるのか?
カラダと相談しながら、状況によってはカセットの変更も視野にいれて、走りのスタイルを整えていこうと思います。

アルテグラではカセットの構成によって5つも選択肢がある。
平地用、山岳用にホイールとカセットを使い分けている方も多いと思いますが、まだそこまでには到達せず。

11-12-13-14-15-16-17-19-21-23
11-12-13-14-15-17-19-21-23-25
11-12-13-14-15-17-19-21-24-28
12-13-14-15-16-17-18-19-21-23
12-13-14-15-16-17-19-21-23-25

« 春ライド | トップページ | 醒ケ井サイクリング »

コメント

私はこうで、あの人はこうだと
脚質ってやっぱりありますよね。
私は二之瀬くらいの勾配でも、
インナーロー(34×25T)でほとんど走っていました。
ファイナルローの割合が8割くらい。
それでケイデンスは90前後を目標に回してます。
ヒルクライム大会とかで気分的に本気モードだと
100以上で回すくらいです。
この辺は心肺機能との兼ね合いでしょうか。
ちなみにトップギヤは今、
46×12Tです。
鈴鹿もこれで行きます。私には十分なトップギヤです。

>恵壱さん
「ケイデンスは90」と多くの本、雑誌、webに書かれているようですが、僕にとって90は軽すぎる。早すぎる。

マラソンのピッチ走法か?ストライド走法か?みたいなものでしょうか?
一歩一歩にエネルギーを使ってでも大きく進む方が楽。
小刻みで一歩が楽でも足を動かす回数が多ければその方が辛い。

小径車での走りを引き継いだ走り。
ロードバイクでもこのままで良いのか?
ケイデンスを高めて走れる様にトレーニングをしてみたらどうか?
色々と試行錯誤してみますか。

ディーゼルエンジンですな。私もそのクチです。
前の30に油が付くことはなさそうですね。

平坦レース出て、山も行きますが
前:52-39T 
後ろ: 平地 11-23  山 12-25 です。

ある程度以上重いギアになると回せなくって…
52x11だったら、90rpm回せば、平地で50km/h
以上出せるので。

山でも、ダンシング多用派なので、39x23なら大
抵のところは上れちゃいますが、25は保険として
備えてます。

人それぞれでおもしろいですねっ


>けんじさん
ディーゼルエンジンかぁ・・・
なるほどね。
黒煙モクモクではない、クリーンディーゼルでありたいものです。
ただ、燃費は悪いです。
いや、燃料タンクが小さいのか?
サイクリング中はコンビニに頻繁に寄って飲み食いばかりです。

非常用ギアは使わずに済むのであれば、それに越した事はありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春ライド | トップページ | 醒ケ井サイクリング »