フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 土曜の鰻の日 | トップページ | ゆるゆる遠州ロングライド その後 »

2011年3月20日 (日)

パンクに備えて

何年も乗っているスピプロではこれまでにチューブやタイヤの交換を何度も経験しているのですが、ロードバイクでのパンク修理は経験したことがありません。
理屈は同じですが、小径では使う事のなかったタイヤレバーの使い方は?
ホイールに上手くはめられるのだろうか?
そして一番の懸念が一発勝負のCO2ボンベ。
極力パンクは回避したいですが、いざというときの為に早く交換作業を経験しておきたい。

待望の?初パンクはロードバイクの先輩方と一緒に走っているときだったので、非常に心強かったです。
ありがとうございました。
その後パッチからのエア漏れもあって2度も足止めしてしまって、余計な時間を取らせてしまいました。
お陰様で復習もバッチリです。(2度目はCO2ボンベではなくポンプによる作業でしたが)

皆さんのお陰で無事に帰り着くことができました。

初パンクでの反省点は
・早く確実に修理をするなら、パッチあてではなくチューブ交換。
・スペアタイヤを持っていないのなら、タイヤ用パッチは持っておくべき。
・CO2ボンベでエアを入れる時には、ビビらずに一気にバシュッと決めよう。

次のパンクに備えて修理用品を補給しておかないと
20110320_puncture

・タイヤ(Michelin PRO3 Race 黒)
3か月しか経っていませんが、既に2,500km走っていたので(^^;
摩耗して薄くなったトレッドはパンクしやすいですからね。
ソフトコンパウンドでライフは短いものの、評判は良い様なので同じものを。
ホイールに合わせて赤色も考えましたが、両方とも赤だと赤が強すぎるかな?
ということで黒を2本。
スピプロに乗る時には大容量のサドルバッグにスペアタイヤも積んでいますが、ロードバイクではそこまでは不要でしょう。

・タイヤパッチ(Park Tool Emergency Tire Boot)
今回のパンクではガラス片を踏んでトレッドに数ミリのカットが入っていたので、念のためにペダルイ2号さんに布ガムテープを貼ってもらいました。
ガムテープでも充分とは思いますが、薄くて丈夫(と思われる)専用品で備えておこうと思います。
スペアタイヤ替わりの保険です。
KeTAさんも同じものを買われたのですね。

・チューブ(SCHWALBE/GHISALLO)
CO2ボンベを使う時に感じたのですが、バルブがもう少し長い方が良いかな?と。
ということで、一般的な40mmのSCHWALBEに加えて、ロングバルブ(48mm)のGHISALLOを買ってみました。
「パンク待ち」での長い評価期間になりそうですが、使い比べてみます。

・CO2ボンベ(NB)
一発勝負での失敗に備えて、超小型ポンプを積んでありますが、出来ればボンベでキレイに決めたい。
自宅で練習しておこうかな?

« 土曜の鰻の日 | トップページ | ゆるゆる遠州ロングライド その後 »

コメント

Pro3Raceは色々刺さるので、
ライド後のぐるっと点検お忘れなく。
安全ピンで毎回ほじってます。

>恵壱さん
スピプロでも同様ですが、帰宅してから室内に入れる前にタイヤをぬれ雑巾で拭きながらトレッドのチェックはしています。
小径方が距離あたりの設置回数が少ないはずなのに、シュワルベ ステルビオよりもPRO3 Raceの減りが早いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土曜の鰻の日 | トップページ | ゆるゆる遠州ロングライド その後 »