フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« "名二環"自転車散歩に参加して来ました | トップページ | 土曜の鰻の日 »

2011年3月 7日 (月)

ロードバイクでヒルクライム

20110306_togoe1

日曜日
いっこくもんさんからのお誘いで、戸越・雨沢方面へ行って来ました。
東は小渡、西は二之瀬、南は師崎と通っていましたが、北方面は自走で訪れる機会が少なく、土地勘がない未開の地です。
これを機会に道を憶えて北方進出を狙ってみますか?

長久手方面へ向かうコースはいくつかありますが、今回は天白川を遡上して豊田市に入り、愛知環状鉄道に沿って八草へ。
そこから先は昨年の夏に初めて三国山に行った時のルートです。

ロードバイクを手に入れた直後に二之瀬を試走しましたが、その後は知多半島の平地ばかり走っていたので、ヒルクライムは久しぶりでした。
今回はアタックというよりもゆるゆるとロードバイクでの上りの感触を確かめる走りでした。
そして感じたのは平地同様にあるいはそれ以上に、小径車に比べると楽に走れるという事。
僕のPARISのフロントはトリプル(52-39-30T)ですが、ノーマルクランク(53-39T/52-39T)+激坂用保険という考え。
しかし実際に乗ってみると、平地はアウター固定。
今回の戸越・雨沢ルート(今回は三国山はパス)もスピードを競わなければアウター縛りでOKでした。
「自転車が軽いという事はこんなにも武器になるのか!」と平地以上にその違いを感じたのでした。

20110306_togoe2
戸越(とごえ)峠を上り切ったいっこくもんさん

« "名二環"自転車散歩に参加して来ました | トップページ | 土曜の鰻の日 »

コメント

もっともっと飛ばしたかったでしょうね
随分、待たせました

 ゆるゆるでも十分”2倍2倍”

>いっこくもんさん
お疲れさまでした。
「軽さは武器」
今回は意識的に重いギアで感触を味わっていました。
そしてトルクを掛ける。掛けられる。というフレーム剛性の重要性も再認識できました。
まぁ、比較対象が重くて柔な小径折り畳みなので、当然と言えば当然ですが(^^;

「おきなわカフェ やんばる」が開いていなかったのは残念でした。定休日ではないし、10時を過ぎていたのに。
次の機会にはサーターアンダギー!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« "名二環"自転車散歩に参加して来ました | トップページ | 土曜の鰻の日 »