フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 雪にも負けず、風にも負けず | トップページ | 裏メニュー »

2011年2月19日 (土)

安倍礼司 ↑↑

真冬の寒さも一段落。
日中は風さえなければかなり暖かく感じられます。

今日も知多一
ソロでPARIS
伊吹山に備えて広域農道を走るべきなのでしょうが、ついつい楽をして平地コースを選んでしまいます。
その代わりと言っては何ですが、全行程約150kmのアベレージ速度を上げるべく、積極的にスピードを出して走ります。
鈴鹿8Hエンデューロ対策という事にしておきましょう。

前半は良いんです。ややフォローの風に助けられたとはいえ、結構頑張りました。
でも、後半が・・・
休憩、補給はするものの、師崎から河和までの向かい風、河和からえびせんの里の前を通過して上野間へ抜ける緩いけれど長い長い坂道。
やはりペースが落ちて来ます。
補給もしますが、スタミナをもっとつけないとダメですね。
もっと走り込みが必要です。

20110219_lap1

Av.28。2km/h
とりあえず、過去最高記録。

« 雪にも負けず、風にも負けず | トップページ | 裏メニュー »

コメント

なるほど。
AUTOLAPをこういう風に使うのありですね。
どこでペースが落ちてるかわかりますもんね。

明日の朝錬はまたAv30チャレンジをやる
みたいなので、これで採ってみます。

今日は私はお山に行ってきましたよ。

”伊吹山に備えて広域農道を走るべきなのでしょうが”
あれ?なにやら聞き慣れない文章がありますが・・・
出るんですか?

>けんじさん
AutoLapはこの使い方(デフォ)しか分からないんです。
周回コースを走る事もないし。
結果オーライで、この5km毎のタイムって非常に分かり易い。
ジャンキーストレートでどんなに飛ばしても、市街地のペースがその貯金を吐き出しちゃう。
後半になると向かい風の影響もあるけれど、明らかに疲れているのがバレバレ(^^;

一色や吉良のあたりって、クルマでも走った事のないエリアです。
興味はあるけれど、僕が自走で行くには結構厳しいところですね。

>恵壱さん
鈴鹿もそうですが、ブルホーンハンドルを禁止している大会にロードで出てやろう!と。
伊吹山は当たってから参加するかどうかを考えようと申し込んだのですが、2倍の競争率で折角当たったので参加します。
春まだ間もない時期でヒルクライムの練習なんて全然出来ていない時期の開催なんですね。
どうなるかは想像もできません。

干拓周回錬どうですか?
あと、鈴鹿でもつかえますよ。

一色、吉良あたりは、
筆柿の里(道の駅)まで車ですかね。

>けんじさん
干拓周回練は、前にけんじさんが紹介されたときから興味アリですが、現地への移動が・・・
干拓周回の代わりに北浜ジャンキーストレート周回(往復)練か?
これなら自走で行けるけど、1Lapが往復で10kkm以上というのは長すぎ?

昨日の知多一の行きと帰りにジャンキーで頑張ってみました。
往路は体力的にも余裕があったので、最高速よりも35km/h維持を狙って。
復路は前に出たり後ろで楽したりしながら最高速にチャレンジするも、既に100km以上走ってきた脚で瞬間的に45km/hがせいぜいでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪にも負けず、風にも負けず | トップページ | 裏メニュー »