フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 鬼引き | トップページ | 振り返れば奴がいる »

2010年11月14日 (日)

知多半島縦走

先週の琵琶一の後、「次は知多半島の広域農道!」と大将の一声で決まった知多半島縦走。
海岸線にそって半島一周は先月末に行って来ました。
その時はいつもと少し違うコース取りで広域農道の一部を走ったのですが、今回は佐布里池から師崎まで。
久しぶりのアップダウン続きのハードコース。
昼食は意外にも大将が未だ一度も行った事がない(行こうと思った直前に骨折した)一馬屋
そう、「男の漁師丼」です。

急な告知という事もあって少人数での縦走かと思いましたが、大将、僕、もりぞう君でスタート地点であるいっこく屋をスタート。
しばらくすると対向車線から恵壱さん登場!
またも自宅から自走。距離を考えたら、第2、第3の集合地点で落ち合った方が近いんですが、その辺はブルペの人の思考回路によるところ。
名和ではようさんが合流。
はい、今日も高速ツーリング決定です。
昨日の二之瀬往復爆走の疲れを引きずりつつも先頭を引きます。
さぁ、どうなる?

20111114_chita1
第3集合地点の佐布里池「水の生活館」駐車場にて

佐布里池を出た途端に容赦なく始まるアップダウン。
20111114_noudou
最初のうちこそ、ガシガシ、グイグイ走っておりましたが、流石にそうは続かない。
とはいえ、知多の広域農道は下りで加速してその勢いで上りを一気に走り切るのが攻略のポイント。
自ずとハイペースにならざるを得ません。
キレイに舗装され、クルマの通りもほとんどないところでは、ギアを使い切ってフル加速!
悲しいかな61km/h止まりなり。

何とか往路を走り切り、楽しみにしていた一馬屋に到着。
他のみんなは「男の漁師丼」ですが、既に3度程食している僕は、別メニューにチャレンジしてみたかったのです。
そこで目についたのが「海老姫丼」
値段は「男の漁師丼」と同じ1,500円ですが・・・

20111114_ebihimedon
名前に姫とついている様にレディースランチなのかな?
いろいろついてます。
メインの海老丼は、しらすごはんに海老天ぷら。
そこへ「男の漁師丼」同様に玉子と特製ダレを混ぜて上からドバドバ。
海老姫丼の方は玉子が2個なんだね。

美味い!
こちらも美味いです。
エビ天に玉子醤油。ベースのしらすごはんがゴチャゴチャに混ざって美味い!!
というか、僕はこちらの方が好みかも。
お刺身も、ところてんもついてます。
「男の漁師丼」を食べたことがある貴方、是非一度お試しあれ。

« 鬼引き | トップページ | 振り返れば奴がいる »

コメント

相変わらず平地巡航は速いですね。
今回アップダウンが多い広域農道でしたが、
確実に前回より上り速くなってますよね?
なんだか後ろ着いて行ってても
上りで速度の低下が余り無かった様に思います。
二之瀬の様なスプリント的な上り記録はともかく、
継続的な上り区間に関しては成長していると思います。

>恵壱さん
今回も自走参加でお疲れさまでした。
いっこく屋近くまで1時間程で来てしまう恵壱さんには遠く及びませんが、平地大好きです。
復路で恵壱さんと別れた後から平地区間に戻った途端に元気になってスピードが上がりましたよ。

> 上りで速度の低下が余り無かった様に思います。

先頭を走る僕としては、少々坂でも巡航速度を下げない走りを心掛けているんです。
そこが認められるというのは嬉しいね。

 体も気持ちもお腹も、ぜ~んぶ満足させていただきました。

 ありがとうございます

 一番感じるのは、皆のスタミナが凄い・・・と言う事
私も歳を感じさせない”しのさん走り”が出来るように鍛えます

 tAkEdAさんは、やっぱり昨日もほとんど先頭引っ張り
お陰で、最後までさほどパワーが落ちずに済みました

 

>いっこくもんさん
お疲れ様でした。
いやぁ、広域農道は鍛えられますね。
序盤こそ勢いに任せて駆け上りましたが、アップダウンに合わせて勢いづけた走りはムラがあって、体力のロスが大きいですね。
無酸素運動になってしまって直ぐにヘロヘロ。
しのさん走法で淡々と有酸素運動で走るべきだったのかも。
あ~、性格的にムリムリ。

僕が引くときの速度は30km/hが基本。
風の様子、路面の様子、参加者の様子、そして何よりも僕の調子を確認しながら、上げたり下げたりしています。
最近拘っているのが、「少々の上りでは速度を落とさない。」という走り。

少々の坂道で先頭がペースダウンしていては、後続の皆さんがブレーキをかけることになります。
不意のブレーキは事故の元。
後続の皆さんが安心して着いてこれるように、定速走行を心掛けております。

しかし、広域農道は手強い!
どうしても最後はユルユルと速度が下がって来てしまいます。
坂の途中からジュオ〜ン!ジュオ〜ン!とタイヤノイズを残しながら加速して上って行く若手の走りを身につけたい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鬼引き | トップページ | 振り返れば奴がいる »