フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« 記録更新はしたけれど | トップページ | Heart Rate Monitor »

2010年10月26日 (火)

Suzuka 8h Enduro

10月23,24日は三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで「Suzuka 8h Enduro」が開催されました。
タイトルの8時間耐久だけではなく、4時間耐久やトロッフェ・バラッキといった競技があり、それぞれ参加形態によっていくつものレースが日毎、時間帯毎に開催されます。
サーキットは老若男女、様々な自転車であふれかえっています。
ほんの1週間前にF1が開催されたとは思えない。まるで別の場所という雰囲気です。

F1やSuperGTのレースが開催される国際規格サーキットをフルコース使って走るイベント。
Hondaファンである僕としては、Hondaモータースポーツの聖地であるSuzukaを走りたかったのですが、残念ながら愛車スピプロのブルホーンハンドルは、この8耐を含むレース系イベントの車両規定に合わず。
ハンドルをドロップやフラットに変更すれば出走可能ですが、それだけの為に一時的に変更するのは・・・
そんな事情で、今回は日頃ご一緒しているペダルイ人の3チーム対抗戦の観戦に行ってきました。

8時間耐久のスタートは朝8時(4時間耐久と同時スタート)
参加者はピットスペースの確保や早朝の試走をする為に4時頃には名古屋を出ています。
観戦者の僕は折りたたみの椅子を背負って昼前にのんびり到着。
ペダルイ人のピットを中心にマッタリすごします。
シケインや逆バンク付近まで歩いて行って、マイミクのyuji!さんにお会いしたり、写真を撮ったり。
モータースポーツ観戦やプレリュードのオーナーイベントなどでは何度か来た事のある鈴鹿サーキットですが、

高額チケットを買わないと入れないピット上のテラス席から「ピットワーク」を見たり、
20101026_suzuka4

モータースポーツイベントでは絶対に出来ない車列の合間を縫ってシケインを歩いて横切ったり、
20101026_suzuka1

逆バンクのコースサイドからS字を見下ろしたり。
20101026_suzuka2

サーキットの高低差を肌で感じることができて、それだけでも今後のサーキットイベント観戦を面白くする経験ができました。

自転車で走ればコース全体が把握できて面白いんだろうなぁ・・・
コース上では何台かのブルホーンハンドル装着車が走っていました。
スタート前に厳密な車検などはないようです。
エントリーしていない参加者や規定外の自転車が乱入しても把握できるような状況ではありません。
Dr.ヘルの悪魔の笛の音が頭の内からも外からも聞こえてきました。
しかし、万一事故を起こしたり巻き込まれたりした場合に主催者、他の参加者に多大な迷惑をお掛けすることになります。
僕の不完全な良心回路「ジェミニ」は何とか誘惑を振り払いました。
クルマに自転車は積んできませんでしたし、ウエア、シューズ、ヘルメットなども持ってきていません。
あ~、でもロードバイクに混じって高速で走りぬけるミニベロを見るたびに、「僕とスピプロのコンビなら、1周を9分切れるんじゃない?」な~んて考える。

心配した天気も午後4時のゴールから撤収完了までは何とかもってくれました。
というか、午後5時ころからは土砂降り。
危なかったですね。
これも参加者(と応援者)の日頃の行いが良かったからですね。

老(失礼)若男女混成のペダルイ人の3チームの成績は以下の通り。
 ペダルイ2号チーム 208位 44周 31.74km/h
 ペダルイ大将チーム 213位 44周 31.64km/h
 ペダルイトミーチーム 318位 41周 29.49km/h
平均速度が30km/h前後。
僕が普段のサイクリングで信号と起伏の少ないルートで頑張って走っても絶対に出せない数字です。
アップダウンのある鈴鹿サーキットでも、走りやすい路面と集団走行の効果でハイアベレージで走れるものなのですね。
F1とは違って反時計回りで走るので、1コーナーからグランドスタンド前を通ってシケインの先までは
ダラダラと長~い上りですが、デグナー、逆バンを過ぎると1コーナーまではS字を超高速ダウンヒル。
60km/h以上にもなるそうです。
スピプロで参加した公道を使ってのイベントでも滅多に出せない速度域。

多くの参加者がいる中で走るのは相当びびるんだろうなぁ・・・
でも、これだけのロードバイクを相手に走ったら面白いだろうなぁ・・・
(ガンガンぶち抜いてやる!)
それで、ロードバイクを何台も引き連れてトレインの先頭を走ったらいい気分だろうなぁ・・・
(ギンギン牽いてやる!)
でも、このハイペースだとスピプロではギアが足りない。
S字は自由落下任せで自分で加速できないのかぁ・・・
(DualDriveのFast×アウターでも50km/hが精々)

車両規定が変わらないかなぁ・・・
そうしたら、ロードバイクと小径の2台を持ち込んで走り比べてみたい。


あ”〜〜〜、走りたかったよぉ〜〜!!!!
あんな車両規定なんてなくなっちまえ〜〜!!

« 記録更新はしたけれど | トップページ | Heart Rate Monitor »

コメント

 そうだよ 観戦しているtAkEdAさんは、似合わない
走ってなんぼの人だから

鈴鹿は凄い!!!
 走ってみると”サーキット”の良さはもっと体感できます

 まだまだ次もあります
次回は同じチームか、ライバルとして楽しみましょう

>いっこくもんさん
「スピプロのパフォオーマンスをフルに発揮させたい!」という思いが強いんですが、ママチャリでもいいからサーキットのフルコースを走りたいですねぇ。

こんばんわ。
わたしはその前日にロードで参加してきました!
サーキットコースはとても面白いのでオススメではありますが、ハンドル規定がありますからね…。

前日にはSpeedProTTで参加している人がいましたが、ハンドルはそのまま。
「万が一」があった際に保障が受けられない可能性もありますからどうかとは思います。

そんなわけで、2台目いかがでしょうか?w

>おぶさん
強行(?)日帰り参戦、お疲れさまでした。
慌ただしい1日だった様ですが、日帰りで鈴鹿のレースに参加できるのだから便利な世の中です。
横浜からの電車+自走だと、ツインリンクもてぎの方が時間が掛かりますね。

2台目ですが、実は既に2台持っております。
スピプロを買う前から持っていたママチャリですが。
この10年ほど、ほとんど乗っておりません(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 記録更新はしたけれど | トップページ | Heart Rate Monitor »