フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

« Suzuka 8h Enduro | トップページ | 2010年10月 まとめ »

2010年10月28日 (木)

Heart Rate Monitor

心拍数をモニタすることに興味を持ち始めた。
ストイックにレースやヒルクライム攻略する記事が雑誌などに載っているが、そこで取り上げられるのが心拍数を把握しながら走ること。

雑誌の立ち読み斜め読み程度の知識なので誤解があるのかもしれないが、「鍛えたら、あとは頑張れるだけ頑張る」というのはダメで、「鍛えた上で、そのパフォーマンスを最大限に発揮できる心拍数を維持できるように頑張る」ということらしい。

「心臓バクバクになるほどに頑張っても、頑張りに比例してパワーが出るわけではない。」
少々乱暴だが、こんな理解でほぼ合っているだろうか?

クルマのエンジンに例える。
アクセルをべた踏みしてタコメーターのレッドゾーンにぶち込んでも、回転数に比例してトルクが上がるわけではない。
エンジンに負担をかけてレッドゾーンで回し続けても、エンジンを痛め、ガソリンを無駄に使うだけ。
効率良くパワーが得られるトルクバンドはレッドゾーンの下にある。
速く、長く、効率良く走り続けるためには、そのエンジンの「おいしいところ」を把握し、ソコを外さないアクセルワークとシフトチェンジが大事。

この考えが自らをエンジンとする自転車においても重要ということか。
鍛える事はパワーバンドを広げることであったり、ピークパワーを上げること。
鍛えたパワーをレースなどで発揮させるアクセルワークやシフトワークを身につける。
パワーバンドを外さないアクセルワークをする為のタコメーターが心拍数をモニタする心拍計なのだろう。

心拍計(heart rate monitor)
高価なサイクルコンピューターなどに心拍計の機能を持つモデルがある。
単体の心拍計と違って、ケイデンスや速度、GPS情報などと一緒にデータ管理ができると自分の走りを分析しやすい。

前置きが長くなったが、つまりは「Garmin Edge 500が欲しくなったのだ。」
ネット上にも購入、導入、使用レポートなどが多く上がっている。
地図情報を扱うEdge 705などと違い、日本語版である必要性は低そうだ。
日本語版でなければ、比較的安価に購入できそう。
現在市場に出回っている製品で僕のニーズにあうのはEdge 500しかないと思うが、直ぐに購入に踏み切れないのには訳がある。

20101028_edge500
機能、性能はともかく、デザインセンスのなさに呆れます。
本体の形や大きさ、ボタンの配置、画面デザイン、そして色使い。
あまりのダサさに自転車に取り付けるのが躊躇われる程。

本体の形やボタン配置、画面のデザイン、文字の大きさや形はユーザーインターフェースの一部として操作性や視認性に影響する大切な部分です。

せめて色だけでも何とかならないのだろうか?
左から順に標準色、Team Garmin Version、Neutral Version。
買うならNeutral Versionが一番マシでしょうか。

Apple製品の様な「使わなくても欲しくなる。」「1台あれば十分なのに、全色揃えたくなる。」そんな物欲を刺激する様なデザインにして欲しいものです。

« Suzuka 8h Enduro | トップページ | 2010年10月 まとめ »

コメント

edge800のがもうちょっとマシなデザインじゃないでしょうか?
と言ってみるてすと。
500は富士ヒルクラでも凄い沢山付けてる人がいました。
705より大分小型ですからね。
デザインは私はそんな拘るところじゃないので、
気にしてません。

>恵壱さん
705や800のナビゲーション機能も、あれば便利でしょうけど、本体が大きく重くなり、日本語版は高いし、英語版で地図表示がアルファベット表示では見づらい。800の日本語化は未定だし。
地図の使用頻度を考えるとね。
デザイン的には705、タッチパネルの800の方がマシですね。

確かに705は便利です。
ソロライドでも迷子になりにくいし。。。

ただ、サイコンとして「だけ」見ると、15時間しか
電池が持たないってトコに、最近疑問符です。
もし充電し忘れでサイクリングに行ったら・・・とか。

GPS機能は無いけど、POLARのCS500に
興味津々な今日この頃です。。。

>ようさん
ソロライドで新しいルート開拓などの冒険をしないから705を欲しくならないのか?
705を持っていないからソロライドで冒険をしないのか?
ありがたい事に皆さんが色々な場所へのサイクリングに誘って下さるので、ソロライドで自分が新規開拓しなくても自然と行動範囲が広がるし道を憶えるし。
その分、ソロでは小渡や二之瀬に通ってストイックに走り込んじゃってます。
そうしたら地図機能よりもコンパクトな心拍計を求める方向を志向し始めて・・・

あ、でもお手元の日本語版705がご不要なら、「お友達価格で」引き取らせて頂きますよ。
ブルペに興味のない僕には15時間も動けば十分ですからね(笑)

デザインと色使いはマズイですけど、ボタン配置と操作性については、自転車に乗ってるときに限れば、1ボタンに1機能が割り当てられてますので、使ってみると悪くないレベルって感じると思いますよ。

わたしも地図不要なのでこれでまったく問題ないと感じてます。英語版でも特に不便さは感じませんし。
まえは、心拍をCyclink、ケイデンスを含むサイコン機能を猫目、GPSログをケータイでやってましたけど、今はそれをEdge500 1台で済ませちゃってます。
データもガーミンコネクトに送るだけでラクチンです。

不満というか、心配な点は、USBコネクタがらみで、濡れたらどうなるかとか、コネクタ接点が毎日の挿抜に何日耐えられるかってことですかね~ 

>けんじさん
お呼びだてした様で恐縮です。
Edge500ユーザーさんのコメントはありがたいです。
いろいろと試された結果、Edge500にたどり着いたという証言は心強い。

USB接続でガーミンコネクトへデータアップロードして管理する。
iPod Nike+でジョギングの記録を取っていた時期があるのですが、それに近いものと想像しています。
ガーミンコネクトでのデータ分析は面白そうです。

iPhoneのアプリでこんなことできそう。
Nike+みたいなアダプターがあれば、心拍もモニターできたりして・・・。

以上、すべて想像です。

>としプレ
iPhoneならBluetoothやWi-Fiが使えるので、センサーと無線で繋いでモニターするアプリも容易に作れるでしょうね。
但し、問題はバッテリーです。
サイクリング用の心拍計やナビゲーションの場合、数時間、半日、場合によっては一昼夜以上という長時間の使用を前提にしないといけない。
そうするとスマートフォンのバッテリーでは全然足りない。
それを補う為に巨大な外付け電源なんて積めないのですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Suzuka 8h Enduro | トップページ | 2010年10月 まとめ »